笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭3 女子と出会え!】

これは男だらけの工業大学の学園祭の記録であります。

嘘偽りなき、真実の話。

これが工業大学の学園祭だっ!!

普通科の大学生には決して分からない青春がココにはあるのです。

 

前回までの記事を読んで居ない方はこちらを先にどうぞ↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭】




笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭3】

友人のタザンは彼女が居なく、女子と話すのが苦手だそうです。

(そもそも大学には女子が居ないので、話している所は見た事はありません)

 

彼女いない歴が年齢の男です。悲しいですね。

(工業大学には、こんな輩が大量に居ます。生半可な気持ちで工業に入ってはいけません)

 

僕が邪気を消し飛ばすように、景気よく言いました。

「明日の本祭でナンパしろよ。応援するぜ! あくまでも応援しかしないけどな!」

 

「無理だろぉー。いけるかなー俺が。この俺が」

タザンは絶望に満ちた顔で言いました。

 

無理に決まってんだろ。

僕は内心そう思っていましたww

そもそも無理なのに、自分で無理と言っているヤツに好機が訪れる訳はないからです。

根拠ない自信は、謎のネガティブよりは絶対に良いのです。

僕を見て下さい。謎の自信に満ち溢れています。

 

タザンよ! とにかくやるしかないんだ!!

僕も中学の頃は服に無頓着でダサかったし、背も低く貧弱だった!

しかし、変わるしかないのだ! ハムハー!(背は高校で伸びまくりました)

 

自分が変われば周りは変わるのです。

コレは自分で気づくしかないのです。

誰かが言っている気がするセリフですが、僕のセリフにしますw

 

ネガティブなままでは一生が詰まらないのです。

 

タザンを鼓舞し、僕は前夜祭のイベントに戻りました。

暗い雰囲気の男とは、あまり長くかかわらないのも大事ですw

 

その後も僕は仲間とステージにのぼり、アホな事ばかりしていました。

 

物凄く楽しかったです。

こうして前夜祭が幕を閉じました。

そして、いよいよ本祭の始まりです。

 

 




工業大学の学園祭、本祭が始まった

ついに待ちに待った本祭がやってきました。

大学に着くと、あり得ないくらい人が来ていますw

 

「なんだコレは…..。女だらけじゃねーかw この世にこんなに女性って存在してたのか!?」

*工業病

 

 

 

満車寸前ですが、なんとか駐車場に車を停め、いつも僕らが溜まっている食堂の椅子に腰を降ろしました。

しかし、僕の友人は誰も居ません。

 

「なぜアイツら来てねーんだ!!」

僕はキョガイトやヒデちゃん、キムモーにメールを乱打しました。

 

【学園祭に早く来るんだ!! 今日は一秒遅れると100円損すると思え!】

 

ふと前を見ると、フラミンゴがこちらに向かって歩いていました。

室内でサングラスをかけてやがります。

ロンリーチャップリンでも歌う気でしょうか。

 

「よう兄弟。今年も盛り上がってんな」

 

「おいフラミンゴ。今日もデカいな。皆が来るまでココで待とうぜ」

 

フラミンゴは186cmの長身を椅子に沈めました。

無駄にでけぇ。

しばらくフラミンゴと話していると、タザンからメールが来ました。

 

【もうすぐ着くよ】と。

 

なぜ僕はタザンにメールを送っていないのに、僕に来る事を知らせてくるのでしょうw

キョガイトに送ったメールの返信がタザンから来ると言うサイコな展開。

 

「おう、もうすぐタザンが来るってよ!」

「おう! 別にどうでも良いぜ!」

 

フラミンゴは圧倒的にタザンに興味がないようです(笑)

 

「あいつ、今日ナンパするって言ってたから、どんな格好で来るのか楽しみなんだよ」

 

「マジかよwタザンの事だからタキシードとか着てきそうじゃね?」

 

 

フラミンゴが何故かサングラスを外し、凄い事言っていると、遠くからタザンが歩いて来るのが見えました。

 

きた!

本日の主役が!!

 

タザンの服装やいかに!!

続きます。

 

 

続きはこちら↓

笑える!大学生の頃の面白い話を長編でどうぞ【男!工業の大学祭4完結】

 

また明日(^^)/