ニューヨーク旅行記【NYでチップのマナーを学ぶ、注意点】

ニューヨークのチップでの問題

本日もニューヨーク旅行の記事を投下していきます。

本日は飲食店のチップ関係の記事になります。




ニューヨーク旅行記【NYでチップのマナーを学ぶ、注意点】

 

黒人に絡まれた日の夜、僕らはバーみたいな所で音楽を聴きながらご飯を食べることにしました。バーっ!!!

ニューエラキャップを被っていると入店できないと言われ、キャップを脱ぎました。

 

 

そんなドレスコードみたいなのあるんですよね、バーにも。

半ズボン駄目とかなら分かるけど帽子もダメとは。

 

二人そろってボーズ頭むき出しになりました。ずるっ。

 

ニューヨークのバーではパスポートの提示を要求される

 

また、成人に見えない童顔の二人は、パスポートの提示を要求されました。

(日本人は大抵若く見られますよね)

 

アメリカでは、皆が皆大人っぽいですからね、仕方ない。

 

パスポートを水戸黄門の印籠の様に堂々と提示。

 

店内へ

 

ニューヨークのバーで満喫

 

チキンとかポテトとか、日本でも食えるものばかりを積極的に頼む二人(笑)

バーなのに、飲みませんw

 

異国の地で酔っ払っていたら命を落とすと思っていたからです(笑

 

 

飯をバクバク食っていると

店員さんがレシートを机に置きました。

 

38ドルって書いてあるのを横線で消してあり

30ドルにしてくれていました。

そして【良い旅を】的な事が、英語で書かれていたんですよね。

 

 

めっちゃ素敵!

素敵やん!!

と思わず島田紳助みたいになってしまいました。

 

ニューヨークのバーでお会計、チップを支払う

 

「おい、オイモ、そろそろ帰るか」

俺がオイモの肩をたたくと

「おう、ここは俺が出すわ」

 

とオイモが男前発言。「チェックプリーズ」と店員を呼びます。

 

するとオイモは、まさかの行動に出たのです。

 

なんと

 

「チップ!!!!」

 

とか叫びながら、50ドルを置いたのです。

この真顔で↑

 

 

は!?

 

向こうの行為で38ドルを30ドルにしてもらっているのに、それを遥かに上回る50ドルを払ったのです(笑)

 

向こうとしては、若い日本人が来てくれたわ、お金も大変そうだから安くしといてあげましょう。うんうん。

 

って感じなのに50ドル!!!!(笑)

 

お金を多く払って腹が立つ事なんて、世の中にそうそう無いと思うんですよ。

 

でも、それをやるのがオイモなんですよ。

 

 

この駄馬!

(完)

 

 

ニューヨークの記事まとめてます↓

面白い話まとめ【ニューヨーク旅行での爆笑短編集】

 




ニューヨークのチップでの問題
最新情報をチェックしよう!