こんな部下は嫌だ。僕自身が上司に向かって言った言葉【恐ろしい後輩】

NO IMAGE

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです。

今日は会社の話。

こんな部下が居たら嫌だなって話を投稿していきますw

 

 

自分が管理職になって、改めて自分自身の上司への接し方が洒落になってなかったなと思い、反省していたのです。

そう、こんな部下は嫌だと思う筆頭は、若かりし頃の僕なのです(笑)

 

 

マジで洒落にならんw

本当にとんでもない奴だ。

って事でどうぞ!

スポンサーリンク



こんな部下は嫌だ。僕自身が上司に向かって言った言葉【恐ろしい後輩】

自分で言うのもなんですが、昔の僕はマジでヤバイ奴でした。

上司に向かって平気で酷い事を言っていたものです。

(まぁ自分なりの一線があって、そこを超えた奴にキレていた感じです)

 

ただの輩のようにキレた話

詳しい話は社外秘なので話せませんが、若い頃の僕は社内であるプロジェクトを進めていました。

その時の上司は、めちゃくちゃ動きが遅く、とても新しいプロジェクトを引っ張れるような人間ではありませんでした。

 

なので僕は勝手にどんどん仕事を進めていました。

確かに色々な確認を上司にせずに進めたのは悪いと思います。

しかし、僕はノロい奴は嫌いなのです。

 

 

僕が明日に控えた説明会の為の資料を作っていると、上司がある部品が無いと騒ぎ出しました。

そして、【その部品の管理は僕がしていたはずだ】と言いがかりをつけてきたのです。

 

しかし、そんな部品など早急に必要ではなく、今大事なのは明日の説明会なのです。

 

僕が部品を探さず資料を作っていると上司がキレだしました。

「まず部品だろ!! 明日の説明会なんて中止だ!」

 

なに言ってんだコイツ!?

僕はマジでいかれてんなと思いました。

 

その話をしていると、丁度業者から電話がかかってきて、探していた部品を持ち帰っていたとの事。

そう、僕は無罪だったのです。

それにも関わらず、非を認めず誤魔化すためなのか更にキレてくる上司。

え!?

何でキレ続けてんだコイツ!?

マジでそう思いました。

 

「業者が持って行った事くらい把握しろ!」

 

「あ!?」

 

余りにも腹が立ったので、思わず本気で睨んでしまいました。

 

 

「上司に向かって、なんだその目は!」

 

「何が上司だよ! 俺はそんなもんどうでも良いんだよ! 人のせいにして何キレてんだよ! いい加減にしねぇとこっちも怒るぞ!!」☚もう怒っている。

 

こんなセリフを上司に吐くとは、なんと恐ろしい奴なんでしょうw

デカイ会社だと首になるんじゃないですか?w

 

でも、それ以降上司に理不尽に怒られる事は無くなりましたw

なんならキレた後、ジュースでも買いなよと小銭を貰いましたw

一体どんな会社なんでしょうw

上司に声が小さいとキレた話

僕が現場の作業員だった時。

現場の係長の声がいつも、めっちゃ小さかったのです。

 

何を言っているか分からなくて、異様に腹が立っていました。

その時は仕事も忙しく、全員がストレスマックスみたいな時期でした。

 

そんな中、朝の朝礼でボソボソと話す上司。

 

僕は我慢できずキレてしまったのですw

 

「何言ってるか全然! マジで全然聞こえないんですけど。伝える気あるんすか?」

 

 

部下にこんな事言われたらマジで嫌ですよねw

しかも皆の前でw

僕なら耐えれません。

そんな事言う部下は絶対に嫌です。

 

だから僕は飛ばされたのでしょうw

 

他部署の上司に馬鹿と言われ、キレた話

他部署の上司にキレた話です。

ある日、現場でトラブルが起き、トラブルを解決する部署に相談しに行きました。

 

そして、そこの部署の人と話していると、その人の上司がやってきました。

 

自分の部下が、僕のトラブルで時間を取られているのに腹が立ったのか、異様に僕に突っかかってきました。

 

「そんな事くらい確認してから来いよ馬鹿」

 

と言われました。

一瞬頭がスパークして大猿に返信しそうになりましたが、グッと堪えました。

 

しかし、30分くらいして、我慢が出来なくなってきました。

このままでは会社を破壊してしまう。

 

マジでそう思いましたw

 

僕は先ほどの上司の所へ行く事にしました。

 

そして「ちょっと話がしたいので、良いですか?」

と話しかけました。

 

「どうした? ここで話して良いぞ」

 

と言われましたが、人が沢山居る事務所だったので場所を変えたかったのです。

 

「いえ、2人で話したいです」

 

そういう僕に、ただならぬ雰囲気を感じたのか、2人で個室へ行ってくれました。

 

「さっき、僕がトラブルを持って行った時に、馬鹿って言ったじゃないですか? こちらのミスじゃないのに馬鹿と言われたのが納得いかなくて、本気で暴れそうなんですけど」

 

そう言うと

 

「悪い。俺もさっきイライラしてたんだ、ゴメンな」

と謝ってくれました。

 

人間、誰しも感情的になるものです。

でもこれは言って良かったなと今でも思います。

ちなみに、今でもその上司とは仲が良いです。

 

でも、こんな事言ってくる部下は絶対に嫌ですw

 

 

以上DOSケンダラァでした。

 
スポンサーリンク