おもろい!THE関西人な両親の笑える話2【蜂の巣を自分で退治】

ま! ドスケンです。

本日は関西出身の両親の【おもろい】話を一つ。

 

今から20年くらい前の話なんですが、実家のベランダに蜂の巣が出来ていた事があるんですよ。

マジでデカくて、マジで恐怖。

その蜂の巣を退治するべく立ち上がった、我が一家の話です。

 

これは冗談じゃなく、恐ろしい出来事だったぜ…..。

しかし、なぜか笑えるし、面白い。

そんなもんよ、人生なんて。

 

 

このシリーズは読み切りなので単体でも楽しめますが、最初から読んだらもっと楽しめます↓

おもろい!THE関西人な両親の笑える話1【家電の値引き方法】

 

さぁ、それでは蜂の巣駆除と行きましょうか…..。

 

スポンサーリンク



おもろい!THE関西な両親の笑える話【蜂の巣を自分で退治】

僕の実家には8畳分くらいの大き目のベランダがあります。

 

 

そのベランダは両親の寝室と妹の部屋とを繋いでおり、我が家はそこで洗濯物を干していました。

そんなベランダのスペックを説明した所で、話を勧めます。

 

「蜂や!!!」

市内をつんざく様な大きな声がベランダの方から聞こえました。

僕の母親がベランダで叫んでいたのです。

 

 

 

母がベランダに出ていると、大きなスズメバチが大量に発生していたそうです。

 

「ひぃいいい!!!」

 

母親は急いで窓から部屋に入って来て、窓を閉めました。

 

「蜂の巣や! 大きな蜂の巣が出来てるでぇ!!!」

 

母親は爆裂に大きな声で言いました。

なぜ、そこまで大きな声を出すのかは分かりません。

自分の親なのに、分からない事だらけです。

とにかく、笑える。

 

その日は夏休みか何かの連休中で、丁度家には爺さんと婆さんが泊まりに来ていたのです。

そして、もちろん父親も家に居ました。

 

 

 

一家のピンチなので、もちろん親父は蜂の巣退治に駆り出される事となりました。

 

まるで勇者です。

 

母親と爺さん、婆さんが色々な物をかき集め、親父に装備を施していきます。

(行くのは親父のみ)

なんなんだ、この面白いイベントは。

蜂の巣を退治する為の素人の装備を紹介

 

親父の装備↓

●長袖のTシャツ

●長ズボン

●ジャンパー

●薄汚い帽子

●マスク

●軍手二枚

●軍手とジャンパーの間が出ないように、ガムテープでぐるぐる巻き。

●靴下二枚

●長靴

●長靴とズボンの隙間もガムテープでぐるぐる巻き

●ビニール袋を頭から被る

●左手 ハチアブ、マグナムジェット

●右手 長い棒

 

素人の大人四人で考えた、今思うと恐ろしい装備で闘いを挑む事になったのです。

 

軍手二枚とか意味あるのかよw

ただただ、危険だろ(笑)

 

そんな感じで闘いの火ぶたが切って落とされようとしていました。

 

*皆さんは、こんなフザケタ装備で蜂を舐めないようにして下さいネ。

いざ、蜂の巣退治ベランダへ

「ドスケンとカーコ(妹)は来ちゃいかん」

お爺さんが突然言いました。

 

え!?

 

なぜに!?

 

この頃、既に中学生だった僕。

明かに、動きがスローなお婆ちゃんよりは戦力になるはずです。

 

しかし、僕と妹は戦力外通告を受けてしまったのです。

 

 

そして、大人共だけが二階へ上がっていきました。

お婆ちゃんに関しては、ただ見たいだけに決まっています。

 

そりゃテレビよりも面白いだろうよ!!ww

 

ずるい!

ずるすぎるぞバァさん!!

 

 

って事で、僕も見ない訳には行きません。

なんとなく長袖の服を着て、こっそり二階へ行きました(笑)

 

 

僕の目に映ったのは親父が深呼吸をして、窓からベランダへと行く瞬間でした。

まるで映画のワンシーンの様でした。

 

「気を付けてや!!」

母が父に叱咤激励します。

まるで戦場に向かう男です。

 

 

どうなるんだ!?

この戦いは!!

 

親父は蜂の巣の正面に立つと、おもむろにスプレーを噴出しました。

 

先制攻撃!

 

 

すると、当然ですが、蜂が何匹か飛び出てきます。

 

 

「なんやぁ!?」

 

なんやぁ? って蜂だよ。

蜂しか居ないだろ。

 

 

親父は軽くパニックになったのか、右手で持っていた棒で、蜂の巣をフルスイングしてしまったのです。

地面に落ちて粉々になる蜂の巣。

 

つまり

全ての蜂の巣が外に出る形になります。

 

 

親父は慌てて、窓から部屋に戻ろうとします。

 

しかし、母親とお婆ちゃんは、思いっきり窓を閉めて、手で押さえていました(笑)

 

明かに自分だけ助かろうとしてるぅ!!!

 

 

危ないだろ!!(笑)

 

親父は半狂乱になってスプレーを放出しながら棒を振り回し、まるでバーサク状態になって半狂乱の舞を踊ったのです。

 

 

親父無双。

これは命の危機に発動する技なのです。

 

 

素人が考えた無茶苦茶な装備だったにも関わらず、親父は全ての蜂の巣を倒して、無事帰還したのですw

 

人間、本気を出せば超強いですね。

全てが終わり、ベランダに出てみると、大量の蜂が地面に落ちていました。

 

ここで一句。

 

夏草や 兵どもが 夢の跡

 

 

良い子も悪い子も、この話の真似は絶対にしないようにして下さいね!

下手をすれば大怪我をします。

蜂の巣の駆除は業者に頼みましょう!!

 

こんなガチの闘いなのに、本当に面白かった記憶がありますw

 

 

関西人な両親の続きを読む方はこちら↓

おもろい!THE関西人な両親の笑える話3【隣家の木が伸びて我が家に】

 

以上ドスケンでした!!

 

スポンサーリンク