ゴリゴリのB-boyだった僕がB-boyを卒業するまでの過程

2.B-boyの髪型も自由な感じになった

 

服が小さくなってしばらくすると、髪型も自由になっていきました。

B-boyと言ったら坊主か編み込み! みたいな感じだったんですが、ツーブロック、角刈り、ソフトモヒカン、ロン毛にいたるまで、何でもありになってきました。

 

僕が良く聴いていた名古屋のラッパー達も、髪を伸ばし始めました。

 

服は小さくなり、髪型も自由。

 

もはや、ぱっと見のB-boy感が抜けていったんですね。

 

そして、どうでしょう。僕も髪を伸ばしました。

 

周りからの評判が坊主の時より、明らかに良いのですね。

警察に職質もされません(笑)←これはマジです。

 

 

3.音楽活動を辞めた

 

メンバーも全員同い年です。それぞれ仕事や生活があります。

時間も合わなくなり、音楽で食って行くぜうぉおおお!!! って勢いもなくなってきます。

自然と音楽活動に割く時間が少なくなり、辞めてしまいました。

 

夢が一つ終わった瞬間でした。

 

でもね、一生懸命やっていた事って無駄にはなりません。

あの頃の自分の歌に鼓舞されたりします。

 

そして、またいつかやるかもしれません、一人でも。

 

自分たちの楽曲の中で一番好きな曲です↓

 

 

4.人に優しくなった

なんか、やたら攻撃的だった性格も、落ち着いて優しくなりました(笑)

コンビニでたむろしてる奴とか見ると睨みつけたくなっていたんですが、今は逆に睨まれても何も感じません。

心が大きくなったのですね。

 

だから無意味にオラオラして生きなくなったのです(笑)

 

 

5.筋トレが好きだ

 

最近筋トレで、明らかに人よりデカいガタイになっています。

そうすると、なんかオラつくのがダサく感じるようになってきたんですよね。

 

全身入墨でガリガリで常に睨みつけてオラついてる人より、

顔は笑顔だけど、体で圧倒する。

そんな人間の方がカッコいいと思うようになってきたのです。

 

 

B-boyを卒業するまでの過程まとめ

以上のような工程を経て、僕はB-boyを卒業しました。

でも僕は未だに音楽はヒップホップかアールアンドビーしか聴きませんし、

フリースタイルダンジョンや高校生ラップ選手権等、ヒップホップのコンテンツは大好きです。

 

見た目はB-boyじゃないけど、本質の部分でのB-boyはまだ残っているのかも知れません。

まぁ、Boyではないですけどね(笑)

 

以上、ドスケンでした(^_-)-☆

 

 

スポンサーリンク