ゴリゴリのB-boyだった僕がB-boyを卒業するまでの過程

ま! 元B-boyのドスケンです。

 

今日の話題はタイトルの通り。

ゴリゴリのB-boyだった僕がB-boyを卒業するまでの過程について話していきます。

スポンサーリンク



ゴリゴリのB-boyだった僕がB-boyを卒業するまでの過程

 

僕はラップをやっていたり、ヒップホップの小説を書いていたり、ヒップホップしか聴かなかったり、クラブに通ったり、スキンヘッドだったり、歯をギラギラにしてみたりと、とにかくB-boyに青春の全てを捧げてきたんですよね。

 

でも、気が付けば34歳の僕はb-boyでは無くなっていました。

 

今日からB-boy辞める!! とか決めたわけではなく。

気が付いたらいつの間にかb-boyでは無くなっていたんですよね。

 

僕の場合、ファッションでb-boyをやっていた訳ではないので、ある日突然服装を変えてb-boyを辞める!

って感じじゃなかったんですよね。

 

では、どのようにしてB-boyではなくなっていったのかを段階を踏まえて説明していきます。

 

スポンサーリンク




 

1.B-boyの服が縮小化していった

B-boyといったらデカい服にデカいズボンでした。

それが、段々とヒップホップ業界でタイトなサイズが主流となっていきました。

僕も流れに乗って、ガンガンと小さな服を着るようになりました。

 

するとどうでしょう。

今までは、B-boyご用達のお店でしか服が買えなかったのですが、どんな店でも服が買えるようになりますね。

ぶっちゃけ、ユニクロの無地Tとかでも良いのです。

小さな服に、小物類(ニューエラ、アクセサリー、ティンバーランド等)でB-boyを意識するようになりました。

 

そして、B-boyの服を取り扱っていた店がガンガン潰れだしたのも、この時期です。

 

最新情報をチェックしよう!