面白い話、痛恨の失敗談をどうぞ【ATMの手数料がマジで腹立つ】

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです(^^)/

本日は失敗談を面白い話に変換してお届けしますw

 

失敗したままだと、ただ腹立つだけですからね。

せめて皆さんに笑ってもらって浄化しようと言う考えであります(^^)/

スポンサーリンク



面白い話、痛恨の失敗談をどうぞ【ATMの手数料がマジで腹立つ】

皆さんは銀行口座を持って居ますか?

大抵の人は持って居ると思います。

 

僕は給料は【ろうきんの口座】

自分の小遣いや、投資用の金は【UFJ銀行の口座】と分けて居るのです。

 

大雑把に言うと、ろうきんの方は家族の口座。

UFJの方の口座は自分個人の口座って感じです。

 

 

で、僕の個人的な買い物(スニーカーとか漫画とか)を【ろうきん】の方の口座から引き落とされてしまった場合、

自分の口座である【UFJ】から補填するようにしていたのです。

 

 

面倒ですが、その辺をきっちりしておかないと、金の管理が無茶苦茶になってしまうからです。

って事でここからが本題です。

 

ATMの手数料にやられた話

 

今月僕はスニーカーをカードで購入し、2万円分を【UFJ】から【ろうきん】へ振り込まなくてはいけませんでした。

パソコンやスマホでちゃっちゃっと送金できれば良いのですが、僕のUFJは昔何者かに不正ログインされそうになった過去があり、現在はネットバンキングを封鎖しているのです。

 

よって現金を引き出し、預入しなくてはならないのです。くそったれ!!

 

近所のセブンイレブンはUFJを引き出すだけで210円もとられると言うギャングっぷり。

ふざけています。

 

そこで会社帰りに、わざわざUFJ銀行のATMまで寄りました。

いつもと違うルートの為、30分くらい時間を損しました。

 

 

た、たかが210円の為に30分も失うとは。

もう210円の手数料を払った方がマシだったぜ……。

 

 

まぁ、せっかくUFJのATMに来たので、通帳記入をしつつ金を降ろします。

 

そして、その後、近所のコンビニに行きました。

 

僕の【ろうきん】はコンビニで預けようが、金をおろそうが無料なのです。

つまり【UFJ】で降ろした金をコンビニで【ろうきん】の口座に入れるのです。

 

面倒ですが、これで手数料0で移動できます。

 

 

ATMにトロ臭い太ったオッサンが居たので、若干イライラしながら順番を待ちます。

オッサンは操作ミスを繰り返し「なんでぇ?」と小さい声で連呼しています。

 

こっちのセリフだよ!!

 

 

そして、やっと僕の番です。

 

素早くキャッシュカードを入れ、金を預けます。

凄いスピードです。

さっきのオッサンとは出来が違うのです。

 

そして、画面に表示された文字を見てビックリするのです。

 

手数料210円

 

な、なにぃいいいいいいいい!!!!

そして戻れない!

もう!

既に!

手数料が!

発声している!!!!

 

 

なにぃいいいいいいい!!!!!

 

なんと僕は間違えて、UFJの口座に金を預けていたのです。

 

UFJで金をおろし、コンビニでUFJに金を入れていたのです。

 

同じ口座から金を出し、そして戻す。

その行為で210円。

 

一体僕は何をしているのでしょうか。

出し入れで210円と30分を損しただけなのです。

 

ゆ、ゆるせねぇえええええええ!!!!!

 

 

 

 

 

 

ATMに関する他の記事はこちら↓

銀行ATMで大行列。めちゃくちゃ操作が遅いオバサンに起きた悲劇【爆笑実話】

 

ではまたねー!!(^^)/

スポンサーリンク