2019年に読んで良かった本物の書籍を7冊紹介。おすすめ読書ワールド

明けましておめでどうございます。

ギャハハメモのDOSケンダラァです。

 

本日は2019年に読んで良かったぁーっと心から思えた本を厳選して紹介していきます。

 

 

僕は本を結構買うんですけど、ちょっと読んでみて詰まらなかったら最後まで読みません。

(映画と同じで最後まで読んでも詰まらなかった事の方が多いからです)

一番大事なのは時間なので、詰まらない本を読んでる暇あるなら他の本読むか遊ぶかしたいからです。

 

投資で言う所の【損切り】と同じ考えですね。

 

なので、本日紹介する本は僕が最後まで興味を持って読めた本って事になります。

では、いっちょ行ってみっか。

スポンサーリンク



2019年に読んで良かった本物の書籍を7冊紹介【おすすめ読書ワールド】

それでは早速紹介して行きます。

読んでよかった本は、その時の、その人の考え方によって変わると思いますが、参考になれば幸いです( *´艸`)

 

ちなみに僕が2019年に読んだってだけで、2019年に発売された本とは限りませんので、あしからず。

ライフハック大全

僕にとって人生で一番大事なのは金ではなく時間だと思っています。

時間は金で取り戻す事が出来ませんので、超貴重。

 

そんな貴重な資源の時間を有効活用する為に役立つ知識が満載の本。

ひと昔前の情報ではなく、スマホやPCを利用する今にピッタリ合った本だと言えます。

 

グーグルの検索テクニックやら、仕事のロケットスタート方法(20%の時間で80%を終わらす)タスクに動詞を入れると実行力が上がる(例えばブログをやる。ではなく、●●のネタのブログの下書き書くとタスクに記す)等々。

さーっと通して読んでみて自分が使えそうなテクニックの所だけ使っちゃいましょう。

 

とっても便利な時短の本です。

コレを読んで、仕事時間を短縮し、もっともっと勉強や遊びに時間を使いたい。

 

言ってはいけない

橘玲さんの書籍【言ってはいけない】

 

真実なんだけど、言ってはイケナイ事が沢山書いてあります。

(分かっては居るんだけど、そう思ってはいけない事なども)

 

例えば顔立ちによる残酷すぎる真実

例えば生まれが半分、育ちが半分の真実

例えば馬鹿は遺伝なのか

 

あまりにも過激な事が書いてあるので、ビビッてココでは書けないんですよね。

是非、どんな内容か読んでみて下さい。

 

為になるし、面白い現実があります。

 

 

楽天の人はこちらから↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) [ 橘玲 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/1/2時点)

 

 

失敗図鑑

僕は色々な失敗をしています。

数えられない程w

 

でも一番怖いのは何もしない事ですよね。

って事で失敗図鑑

 

この本には有名な人の色々な失敗が載っています。

この中で面白かったのは【ダリ】の失敗ですねw

人前で話すとなると、何かしなくてはならないのがダリ。

 

水中にもぐるための潜水服に身を包み登場。

何を言ってるか全く分からない上に…….。

 

詳しくは読んでみて下さいw

自分の失敗なんて、とっても小さい事に気づきます。

もっと大きな事をしよっと。

 

100倍クリックされる超webライティング バズる単語300

僕みたいにブログをやっていたり、ウェブマーケティングをやっている人には必須の本じゃないでしょうか。

世の中にはバズる単語ってのがあるんですね。

知らないだけで大損です。

 

もちろん、本記事のタイトルにも使って活用していますよ。

 

本を読み込んで勉強ってよりは、パソコンの横に置いておいて、タイトルにつけれる単語はないかなーって辞書みたいに使う感じですね。

とっても役立っています。

日本の長男 磯野カツオ35歳の憂鬱

日本の長男の為のバイブルです。

僕の為に書かれた本なのかなってくらいジャストミートしてたので、買いましたw

 

相続、介護、冠婚葬祭。

サザエさんの世界で大人になった【カツオ】の憂鬱を表現しています。

 

大人になるカツオ達は是非読むべき本だと思います( *´艸`)

 

表紙の「姉さん、こんな時だけ長男扱いしないでよー。」ってセリフも秀逸です。

世間と言う荒波を乗り切って行きましょ。

 

大家さんと僕

芸人のカラテカの矢部さんの本です。

漫画です。

 

漫画かでもない人が漫画を出せる時代が来たんですよ。

 

矢部さんが住んでいるアパートの大家さんとの生活を描いた本です。

 

読み切ると、とっても幸せでほんわかした気持ちになれる本です。

優しい人っていつの時代にも居ますよね。

そんな本です。

 

世の中に疲れた人に是非読んでもらいたい本ですね。

 

FACT FULNESS

2019年のベストセラーなので、今更僕が紹介する必要もないかも知れませんが、書いちゃいます。

だって凄い面白かったんです。

まずファクトフルネスってタイトルがセンスあって気持ちいい響きですもんね。

 

この本は、皆が思い込んでしまっている10個の事柄についての【本当の事】を図や写真を入れながらデータを正しく使い、丁寧に解説してくれている本です。

 

例えば【世界の人口はひたすら増え続けていくと言う思い込み】、

僕も人口はどんどん増えていくものだと思っていました。だから食糧問題やら色々な問題が今後の課題になってくると……。

 

でも、思い込みではない、

 

本当の事がちゃんと書かれています。

 

他にも【いますぐ手を打たないと大変な事になる】という思い込み、【一つの例が全てに当てはまる】と言う思い込みなど、10個の思い込みを正してくれます。
400ページもある分厚い本ですが、スラスラと読み進める事が出来ます。
この本が凄いパワーを持っている秘密の一つは、作者が末期のすい臓がんになってしまい、余命数ヶ月の状態で【残された生命で、この本を執筆する】と言う事を決めた所です。
予定されていた講演やテレビ出演やラジオ出演を全て断り、この本の為だけに残された生命を使ったのです。
そんな本にパワーが無い訳ないですよね?
印税目的とか、そんなんじゃなく、正しい事を伝えたい。そんな思いに満ちた本なのです。
僕と言う、ふざけたフィルターを通じて紹介するのは心苦しいですが、本当におすすめです。

 

楽天の人はこちらから↓

 

 

 

 

 

以上が僕が2019年に読んで良かったなぁと心から思った7冊でした。

皆さんも読書にいそしんで下さいネ(^^)/

 

読書最高!!

 

DOSケンダラァでした!

スポンサーリンク