2000年代前半のB-boyの面白い話【名古屋のクラブでハスリング4】遊ぶ準備をしよう

ま! ギャハハメモのDOSケンダラァです

本日も2000年代前半のB-boyの話を書いていきます( *´艸`)

ヒップホップ最高っ!!

 

 

って事で前回までの記事を読んでない方はこちらをどうぞ↓

2000年代前半のB-boyの面白い話【名古屋のクラブでハスリング3】

 

それではどうぞ( *´艸`)

スポンサーリンク



 

2000年代前半のB-boyの面白い話【名古屋のクラブでハスリング4】遊ぶ準備

インドと別れ、再開の時間まで一人時間を満喫する僕。

「今日クラブだし、髪でも切るか」

 

B-boyたるもの、髪の毛が伸びていては負けです。

風呂に入り、バリカンの電源を入れる。

 

ウィーンと快調なバイブレーション。

バリカンのアタッチメントなど付けません。

 

B-boyは5厘です。

まさにオリンピック。

 

頭を慣れた手つきで刈り込み、生え際をカミソリで一直線に整えます。

「やっぱコレだな!」

 

1人でつぶやきながら風呂を出ます。

 

 

なんて幸せな奴なんだ。

 

 

風呂を出ると、携帯電話が陽気に鳴り響いています。

 

誰だ?

 

着信:ゴボウ。

 

「私だ!」

 

「私だ! じゃねーよ! はやく電話に出ろよ!」

 

「風呂だよ。風呂! 風呂に入ってたんだよ。文明人らしく」

「何が文明人だよ。風呂なんて入るな!」

 

「風呂くらい入らせろよ! 基本的人権の尊重だろ」

「これ以上の応対は無駄!! 本題に入ろう。今日何時くらいに行く?」

 

「23時くらいかな。あまり早く行くと疲れるし。どうせ見た事もないような意味不明なDJが回してるだけだしさ」

「そうだな。じゃあ夜になったら行くわ。スシローで寿司食おうな! またな!」

「おう! またな!」

 

 

電話を切ると、すぐに電話がかかってきました。

なんて忙しい携帯なんだ。

 

着信:フラミンゴ

 

今度はフラミンゴかよ!

 

「私だ!」

 

「私だ! じゃねーよハゲ! 中々電話が繋がらなかったぞ! 人気アイドルのコンサートチケット売り場かテメーは!」

「うるせぇな! ゴボウだよ! ゴボウと電話してたんだよ!」

 

「電話なんてしてんじゃねーよ!」

 

「電話くらいさせろよ! 鬼か貴様は!」

 

「今日何時に行くんだ兄弟!」

「だから23時だっての!」

 

「だからって何だよ! 聞いてねーよ!」

「うるせぇよ! 感じろ! 聞いてなくても経験で感じろ! 燃えろ! 燃え尽きろ!」

 

「無茶苦茶言ってんじゃねーよ!  じゃあ晩飯くらいに行くわ! スシローだぞ! 分かったな?」

 

「当たり前だ! 食いまくろうぜ! マグロ一頭分」

「その粋や良し!」

 

電話しただけなのに疲れた僕は、少し寝ころぶ事にしました。

 

続きます。

 

 

続きはこちら↓

2000年代前半のB-boyの笑える話【名古屋のクラブでハスリング5】

 

また!(^^)/

スポンサーリンク