見ると驚くよ。中学時代の最悪な教師。ドラゴンボールのスタジャンとカマキリ【豊橋実話】

2018/08/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

夜勤って最高。絶賛夜型生活中のドスケンです。

本日も昼間にブログを更新しております。

 

今日も中学時代の最悪な教師の話を書いていきます(笑)

まさかの三日連続でオクレ先生の話を書くことになるとは(笑)

 

今までの話を読んで居ない方は、時間の無駄になるでしょうが、こちらを読んでみて下さいネ(笑)

 

さぁ、それではレッツゴー!!!

スポンサーリンク



 

運動会の練習

 

中学時代のお話。

この日は運動会の練習をしていたんだ。

 

全校生徒がグラウンドの集まっていた。

皆体育座りをして、先生の話に刮目していた。

 

 

そこに、突如としてミスターオクレ(似)の先生が現れた。

 

しかもミスターオクレはドラゴンボールのスタジャンを着ていた。

 

どこで手に入れたんだ、コイツ。

しかも学校に着てくるとか、どんな神経してるんだ?

 

 

ドラゴンボールのスタジャンを着ているという事実だけで笑えるのに、ヤツは偉そうに腕を組み、こちらを睨みつけていた。

 

なぜ何もしていないのに、睨んでくるのだろう。この男は。

スポンサーリンク




 

 

数分間もその状態が続いた。

 

その時、小さな何かがオクレの腹に飛んできて、くっついたのだ。

 

は?

 

なんなんだ?

 

俺と数人の生徒が気づいた。

 

緑色。

 

三角の顔。

 

カマキリだ。

 

オクレの腹にカマキリ。

俺らは笑いをこらえた。

 

なぜかって?

笑うとオクレは確実にブチ切れてくるからだ。

 

カマキリはオクレの腹から、下へ下へと移動を続けた。

 

なんだかヤバイ展開だ。

 

案の定カマキリはオクレの股間へ到着した。

 

吹きそうになる、俺と、隣のヤツ。

 

 

しかも、カマキリはそこで移動を停止した。

ベストポジションを発見したのであろう。

 

オクレが少し動くと、カマキリは「シャー!!」って感じでカマを振り上げ、オクレの股間を威嚇した。

 

 

「股間と戦う気なのかにゃあ??」

俺は隣のヤツにだけ聞こえる声量で、ボソッと言った。

 

 

ぎゃははあははっはあははははははっはあっは!!!!

隣のヤツ、引火。

 

「こらぁ、何笑ってんだ貴様!」

 

いや、そりゃ笑うだろ。

 

股間ではシャーっ!!!!

 

ぎゃははあははっはあははははははっはあっは!!!!

 

「なんだ、ナメてんのかてめぇ!!!」

 

怒りのボルテージが上がるオクレ。

 

「先生の股間にカマキリが!!!!」

 

その瞬間、カマキリは羽をバタつかせ、飛んで行った。

カマキリって普段飛ばないくせに、こーゆー時は飛べるんだよな。

 

 

自分の股間を凝視するオクレ。

 

「てめぇ、ふかしてんじゃねーぞ!!!!」

 

その言葉に、クラス中が爆笑。

 

ミスターオクレ。

 

なんて言葉使いの悪い先生なんだ。

 

 

以上ドスケンでした。

 

オクレを気に入ってる人が居たら申し訳ないが、もうオクレの話はない!!!(笑)

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.