調子に乗ってスピードを出して横転した車の末路【爆笑実話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日も昔話。

僕が大学生の頃の話でございます。

 

約12年前。

かなりの月日が経ってしまった。

そりゃ俺もオッサンになる訳だ、くそったれが。

 

スポンサーリンク




 

調子に乗った車

 

僕の大学は超馬鹿大学だったので、馬鹿な奴ばかりが居た。

 

工学部って事もあり、キモイオタクや、車好きな奴が多かった。

 

僕は車は別に好きでも嫌いでもないので、車を改造しまくってスポーツカーに乗って飛ばしているヤツの気持ちが全く理解できなかった(笑)

 

現にスポーツタイプの車って男は好きだけど、狭いしウルサイし、女性には不人気な事が多く、モテないので僕は絶対にスポーツタイプの車は嫌だと思っていたぐらいさ。

ふふっ。

 

モテない車など、一ミリも価値なし!!!

 

 

さて、話を続けようか。

 

僕の大学の近くには踏切があるのだが、その踏切の手前部分が結構盛り上がっていて、ジャンプ台みたいになっているのだ。

結構スピード出して、そこを通ると車が浮く感覚があるくらいの盛り上がりだった。

 

まさにジャンプ台と言って良いだろう。

 

そんな道を一台のBMWが凄いスピードで通っていた。

 

「また馬鹿なスピードで通ってるぜ」

俺は一緒にいた友人チンヤに言った。

 

「飛ばしすぎやろ、アホかあいつ」

 

俺らはBMにのったボンボン学生を眺めていた。決して羨ましくなんてないんだからねっ!!!

 

BMは盛り上がりのジャンプ台へと突入した。

 

まさか、あのスピードのまま行くのか!?

 

行った!!!!

 

行きやがった!!!

 

めっちゃ浮いてる!!!

 

「ふなきぃいいいいいいい!!!!!」

 

 

どぉおおおん!!!

 

 

なんと、BMはジャンプ台で大きくジャンプし、着地に失敗し、横に転がったのだ。

 

 

そして、右側面を地面につけ、横向きに停止したwww

なんて所で停止するんだw

 

「おいおい、大丈夫なんかあいつ?」

 

「やべぇ、生きてないんじゃね?」

 

さっきまで馬鹿にしていた俺らもさすがに心配になり、車に近づいた。

 

すると、運転席のドアが開き(横向きに着地しているので、上側)

車の上からにゅっと運転者が出てきたのだ。

まさにモグラ叩きのモグラ状態。

 

 

そして、横転した車の上に座り、自分で携帯を使ってJAFを呼び始めたのだ(笑)

 

「ドスケン、なんか知らんが腹立つなw」

「おう、俺も異様に腹立つぜ(笑)」

 

 

そんな感じで俺らは、その場を立ち去った。

あいつがどうなったのか知らないが、車は廃車じゃないかな?

 

それからスピードを出しまくるBMを見たものは誰も居ない。

 

さすがに反省したのかな?

 

みんなも調子に乗ってスピードを出し過ぎないようにね!

人生終わるよ!

 

以上ドスケンでした。

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.