銭湯で起きた笑える話(男湯にプライバシーはない)

2017/10/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです!

僕は銭湯が好きなんですよね。

正確に言うと、日焼けサロンが併設されている銭湯が好きで、日焼け後に銭湯に入るのが好きなんですよね。

 

 

いつも行くのは極楽湯豊橋店です。

今回は、そこで起きた面白い話について書いて行きます(^_^)/

 

 

スポンサーリンク




 

極楽湯豊橋

 

その日も僕は日焼けを済ませ、お風呂に入りに行ったんですよね。

ふぅ最高の気分だぜぃ。

 

 

浴場はオッサンまみれ。

 

右を見ても、左を見てもオッサンです。

さらには8割のオッサンは太っていますし。五割のオッサンはハゲています。

恐ろしいですね。

 

 

まぁ、そんな光景は見慣れているので、特に気にもせずに体を洗っておりました。

ちなみにシャンプーは絶対に家以外ではしません!

成分の分からんシャンプーで頭皮を洗うのは絶滅を意味するからです。

常にマイシャンプー、もしくは湯シャン!!!

 

ふふっ。

 

これがオレの流儀さ。

これが流儀

オレの流儀

飛ぶ鳥のごとく自由に。

 

すると、そこに、突如大声を出す人が

 

「佐藤さーん!!!!!」

 

 

え!? 何? なんなの?

 

シャンプー中だった僕は、急いで目の周りを洗いました。

 

 

はうわ!!!

 

 

 

マジかよ!!!!

 

 

 

なんと、そこにはタンクトップのババァが居たのです。

 

タンクトップのババァが、仁王立ちでオッサンの腕をつかみ、叫んでいます。

 

「順番来ましたよ!!!!」

 

 

そしてババァはオッサンをグイグイと連れ去って行きました(笑)

オッサンの頭には、流し残したシャンプーが(笑)

 

 

な、なんなんだ、あのタンクトップのババァは!!!!

 

 

ここは男湯だぞ!!!(笑)

 

プライベートもクソもねぇ!!!

 

ちょっと後をつけていくと、垢すり店の店員でした。

 

オッサンはガンガンこすられていました(笑)

 

うつぶせ姿勢だったんですが、金タ●が丸見えでした。

 

 

 

佐藤オッサンが垢すりの予約してたのに、時間になっても来なかったので、堂々と迎えに来たって感じでしょうか。

 

つまりはタンクトップの垢すりババァ。

 

 

他にも極楽湯の女店員は普通に男湯の中に入ってきますからね(^_^)/

 

 

男女平等じゃねーのかよっ!!!

 

以上ドスケンでした(^_^)/

 

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.