家のカギを無くして暴走。実話の馬鹿物語。

2018/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

これは昨日の話でぃ。



 

台風の日の馬鹿話

台風直撃の大雨の日の朝。

俺は会社へ向かうため、元気にマンションを飛び出そうとしていた。

 

 

燃えるゴミを両手に持ち、家事をする男をアピール!!

「鍵しめといてチョンマゲ」

 

両手がふさがっているので、そう嫁に頼み、俺は即座にゴミを捨てた!

「とりゃあ!」

 

 

すぐに車に乗り込み、会社へと到着。

会社へは3分で着く。

通勤時間ほど無駄なものは無いと思っているので、この距離なのだ。

 

 

ふはは。

 

そして会社にて、お仕事。

 

 

「今日は台風直撃するから、16時に全員帰るように、残業も無し、夜勤の人は休み」

と、上司から突然の連絡。

 

そんなことあるの!?

小学校かココは!(笑

 

と思ったが、ラッキーな事は笑顔で受け入れようじゃないか。

お昼休みに事件が

 

そんなこんなで昼になった。

 

俺は昼休みは家に帰る。

家で、タンパク質を補給し、本を読んだりしたいからだ。

 

会社でプロテインをシェイクして飲むのはキツイ。

狂った男と思われてしまう。(もう思われてる可能性あり)

 

 

だから家に帰る。たまにヒルナンデスとかも見るんです。

 

さぁプロテイン飲むぞ!!!

 

 

と思ってカギを取り出そうとしたら

 

 

無い。

無いじゃないですか

俺のカギが。

俺のKEYが。

 

無いいいいいいいいいいい!!!

 

家の鍵が無い

 

これはヤバイぞ。

タンパク質が補給できない!

 

 

しかも外は台風だ。

俺は車に戻り、もう一度カギを確かめた。

 

 

俺は小さい小銭入れの中にカギを無造作に入れている。

髪も無造作ヘアーなのだ。無造作が好きなのだ。

 

BUT、今回は無造作がアダとなった。

 

 

待てよ! カギが無いって、俺はどうやって今朝カギを閉めたんだ??

 

「おかしいじゃないですかぁ!!!」

 

俺はテリー伊藤ばりのテンションで自分に突っ込んだ。

 

はっ!!!

 

 

「カギ閉めといてチョンマゲ」

 

 

そうだ、俺カギ閉めてねぇやん!!!

家事してるアピールがアダとなった!!

 

やばいぞ!

今日は嫁は仕事が遅い。

 

しかも子供は台風警報で実家だ。

 

しかも俺は、すぐにやらなくてはイケない案件があった。

 

 

ってか、そもそもカギを落としていたら、マジやべぇじゃねーか!!!

 

 

北斗の拳の雑魚キャラみたいなのが拾っていたら、家の中が200X年になってしまう!!!

 

 

最後にカギを使ったのは いつだ? 思い出せっ!!

昨日だ!

 

俺は昨日、腰痛で仕事を休み、病院に行ったが祝日でやってなくて、無残に帰宅したのだ。そうだ。そのときに使ったのだ。

 

 

色々な事を考えていると昼休みが終わっていた。

 

俺は北斗の拳の雑魚キャラが気になり、仕事どころではなかった。

そわそわして、小便漏らしそうな小僧みたいになっていた。

 

 

そこでミラクルが起きた。

まさにミラクルヒカル状態。

 

「台風ひどくなってきたたから15時で帰宅!!!」

 

上司の声が、俺の鼓膜を揺らした。

え? なにこの会社、と一瞬思ったが流れは俺に来ている。

 

俺は15時になると即会社を飛び出し、

大嵐の中、嫁の職場へ向かい、カギを受け取った。

 

 

 

そして速効でマンションへと到着、カギを開けた。

マンションの中は200X年になっていなかった。

一件落着

 

俺のカギは、家にあった。

全てを理解した。アンダースタンド!

 

腰痛から無念の帰宅をした、あの日。

 

車の中で、しばらく置きっ放しになっていた古い小銭入れを処分しようと思い、

家に持ち帰ったのだ。

 

そう。俺は小銭入れにカギを入れている。無造作に。

 

なんとカギを開けた後、そっちの古い小銭入れにカギを入れていたのだ、無意識に!!!

 

マジであぶねぇ!

 

当然、そっちの古い小銭入れは持ち歩いていないのでアビバ確定である。

 

 

今回の反省点

●いつもと違う行動をした場合には、何か起きるかもと注意する。

●無意識の行動は怖いので、無意識にやってしまいそうな事を気づけるように、あらかじめ罠になりそうなものを排除する。

●無造作ヘアーは継続する。

 

以上、ドスケンでした(^^)/~~~




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2016 All Rights Reserved.