知らない番号から電話。何度も。折り返してみる。恐い。誰なんだコイツは。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日、意味不明な恐怖に襲われたので忘れないうちに書きたいと思います。

スポンサーリンク




 

 

朝礼中に起きた事件

時刻は8:00。

会社の朝礼中の事です。

 

僕の会社では、スマホを持ち歩く事は禁止されてるんですよね。

ロッカーに入れないさいというルールになっていて。

 

でも、その日僕はスマホを持っていたんですよね(笑)

ロッカーに入れ忘れてたんです( ゚Д゚)

 

 

課長が朝礼で色々話していると、僕の胸ポケットからiPhone8の爆音が流れました。

 

【不明な着信です。不明な着信です】

 

 

 

全員が俺を見る。まさにALL  EYEZ ON ME

 

しかも知らない番号だと不明な着信ですって言うんだな、iPhone8は。

初めて知ったぜ。

 

誰なんだコイツ。慌てて電話を切る。(一瞬だけ出て切る)

 

「すいませーん、後でロッカー入れときます」

 

笑顔でうなづく課長。

よかった怒られなくて。

 

数秒後。

 

【不明な着信です。不明な着信です】

 

また!?

 

 

なんなんこいつ、しつこい!!!!w

 

 

めっちゃかけてくるやん。

 

僕は慌ててスマホを操作したため

 

カシャ!! カシャ!! となぜか画面をスクショしてしまった。

全員が俺を見る。まさにALL  EYEZ ON ME。

 

2PAC状態だ、くそったれが!!!!

 

 

そして強制的に電源を切った。

 

「すいません!!!」

 

「う、うん」

今度はさすがに笑っていないが、当たり前だろうw

 

こんな時間にかけてきやがって、マジ許せねぇ。

あとで絶対かけかえしてやる。

 

 

 

ってか、マジで誰なんだ。

 

あんなに連打してかけてくるなんて、まさか家族に何かあったのか?

 

怒りと恐怖と不安が同時にシンクロしてくる。

 

朝礼が頭に入らない。

 

スポンサーリンク




 

朝礼終了。誰なのか確かめてやる

 

すぐさま係長に話しかける。

 

「さっきの電話がめっちゃ気になるので、掛け返してよいですか?」

 

「おう良いぞ」

 

優しい!!!

 

俺はすぐに掛け返した。

 

すると、2callで出た!!! 早い!!!

 

「……。」

なぜ無言!?

 

「もしもし。先ほど電話をいただいたようですが」

 

「は、はい」

 

「すみませんが、どちら様でしょうか?」

 

「林です」

 

林!? そんな知り合い居たか?

ハウスメーカーの人か!?

 

「あのー、どちらの林さんでしょうか?」

 

「え、ただの林ですけど」

 

 

ただの林!?

 

もしかして、こいつは林って苗字じゃなく、

山とか、川とか、そっちけいの自然の林なのか!?w

 

林の精霊!?

 

 

なんなんだこいつは!?

 

「林さん、何の用事があったんですか?」

 

「いや、電話かかってきてたんで、掛け返したんですけど」

 

 

は!?

 

 

 

俺がかけただと!?

 

林に!?

 

意味が分からない。絶対かけてねぇ(笑)

 

そして、林さんは仕事をしてないのか?

 

色々な謎が残るが、俺は林さんの番号を消した(笑)

 

そして仕事に戻った。

 

今の所林さんから連絡は来ていない。

 

記憶が風化しないように、この記事を書いた(笑)

 

 

以上ドスケンでした( *´艸`)

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Comment

  1. 匿名 より:

    こうゆうの好き^_^

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.