建売住宅の値切り方。絶対に交渉しないと損!エアコン、カーテンレール等々小技も。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は建売住宅の値切り方についてお話させて頂きます。

正直、もっと値切れたかもしれませんが、自分的には結構値切ったと思うので交渉術を書かせて頂きます。

 

(今日は真面目モード)

スポンサーリンク




;

建売住宅の値切り方

 

まず建売住宅なんですが、人気の土地は建つ前に売れたり、建ったばかりの建売は業者も強気なので、不可能ではないですが値切り交渉は難しくなります。

狙うは【建ってから数か月経過している】ような、業者が早く売りたい物件です。

 

自分が気に入った建売が、建ってから数か月経過しているような物件なら、間違いなく値切る事が出来ます。

恥ずかしがらずに頑張っていきましょう。

 

たとえ10万円でも値切れれば、全然違うのですから。

 

超良い物件があっても完全に決めると言うオーラーを出さない

 

超良い物件を見つけて【内心ココに決定したい!】と思っても業者にそのオーラーを強く出し過ぎてはだめです。

【気に入っているんだけど、金額で悩んでいる】

【気に入っているんだけど、他の物件でも良い所がある】

 

と言う迷いのオーラーを常に出しておくようにしましょう。

 

●僕の場合は今の家の見学を午前中に予約して行きました。

 

(ちなみに建売で重要なのは場所なので、建物見学に行く前に、自分で現地に行って周りを散歩したりしておくと良いでしょう。

近所の雰囲気は重要です。鉄塔がないかとか、ゴミ屋敷がないかとか、電柱が家の真横に建ってないかとか)

 

午前中に見学に行って、凄い良いなぁと思い、実際に「良いな」と口に出していました。

 

(その建売のメーカーの家は何件も見ているので、家の造り自体は気に入ってました。あとは場所だけだったので、場所を事前に見ていた僕は最初からこの家にするつもりで見学会に向かっていました)

 

 

そして「業者がどうですか?」と聞いてきたので「良いと思うけど、高いので考えている。午後から違う建売を見に行く」と言う事を伝えました。

こうする事によって値段交渉がしやすくなるのです。

 

「この値段なら即決できるんだけどな」と言う金額を伝えてみましょう(遠慮せずに)

 

頑張ってくれるはずです。

 

諸経費、工事費を値切る

 

すると、まずは水道工事費はサービスで無料に出来ると業者が言いました。

それだけで50万ですよ? 50万が一瞬で安くなりました。

家は金額が高いので50万引きでも安く感じますが、50万って超高いですからね。

僕の月収より多いですし。

 

絶対に値引きましょう。

 

 

ちなみに僕が買おうとした家は、家本体の値段を100万円引きされた後だったのっで、家自体の値段は絶対下げる事が出来ないと言われました。

恐らく、これは本当なのでしょう。あまりしつこく言っても無駄になりそうだったので、食い下がるのは辞めました。

 

スポンサーリンク




 

カーテンレールとエアコン設置を値切る

 

あと百万は下げたいと思っていた僕は、「もっとなんとかなりませんか?」と強気で言った。

 

そこで、カーテンレールとエアコンの工事費が130万くらいあったので、そこの交渉に入りました。

 

エアコンって超高いですよね。

 

5部屋あるので、工事費込みで一台20万だとしても100万ですからね。

カーテンレールも全部屋だと30万とかしますから(窓がめちゃ多い)

 

 

さすがに全部屋にエアコンを無料でつけるのは無理でしたが、交渉の結果、リビングに大きなエアコン1台と、好きな部屋二つにエアコンをつけてもらえるようになりました。(本体工事費共に無料)

 

 

カーテンレールも全部屋サービス。はめ込みの窓にはブラインドをつけてもらえる事になりました。

 

 

ちなみに営業所の所長が来てくれていたので根切はすんなり行ったのだと思います。

所長が本部に電話して根切の確認をしていたので、所長が持っている権限ギリギリくらいは値切れたのだと思います。

 

新人営業とかだと、厳しいかも?

所長を呼び出しましょう(笑)

 

 

 

オマケで値切る

 

トータルで約180万は表示価格から値下げ出来たのですが、まだ値切りたいので

「物干し金具をオマケで二本つけて下さい」と言ったらすんなりOK

 

 

物干し金具も設置に数万とかしますからね。言って良かったと思います。

 

 

コレで契約したのですが、事前にもっと小さいオマケを考えておけば良かったなと思いました。

 

例えば契約後にトイレのに一枚板の棚を設置してもらったのですが、二か所で二万もとられました。

これは契約前に思いついていれば、絶対にサービスしてもらえたと思います。

 

他にも設置されている下駄箱を天井まで届く高さの下駄箱に作り替えてもらいましたが、これも数万とられたので、これも契約前に言えば良かったなぁと思いました。

 

このように、建売住宅といえど、棚をつけたり交換したりは可能なので、最初からオマケを考えておくと良いと思います。

 

他に思いつく交渉オマケ一覧

 

業者によって可能不可能はあるかと思いますが、僕が思いつくオマケの一覧を書いておきます。

●お風呂にテレビ設置

●コンセント増設

●ウッドデッキ設置

●防犯砂利を撒いてもらう

●ピクチャーレールを設置してもらう(絵を飾るやつね)

●展示されている家具をもらう(オマケにコレ下さいと言えばくれる所も多いです)

●カーテンをサービスしてもらう(僕はカーテンレールだけだったので)

 

などなど、基本の値切りをした後に、これをつけてくれれば今契約します。

って感じに使いましょう。

 

契約の時は、とにかく言ったもん勝ちです(ただし、今後のつきあいもあるので、あまり感じ悪い値切りは辞めましょうね)

 

 

まとめ

 

一生に一度の大仕事。

家購入を少しでも値切れるように、交渉術をマスターしましょう(^^)/

 

僕は車を買う時でも必ず値切りますよ!

最後はガソリン満タンで納車してって必ず言いますからね(笑)

 

以上ドスケンでした( *´艸`)

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.