市内、近距離での引越しは自分でやる。注意点とオススメの方法。あると便利なグッズは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日、軽く引越しをして参りました。

家の中の物を二割くらいですが運んで参りました(^^)/

 

そこで感じた、近距離での引越しのオススメ方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



引越し先が近距離

 

僕は家を購入し、今のマンションから引っ越す訳なんですが豊橋→豊橋の引っ越しになり、

移動時間は10分から15分くらいなのですよね。

 

なので、引越し業者に頼む荷物は最小限に抑え(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、大型タンスのみ)

なるべく自分たち家族で運ぶ事に決めました。

(引っ越し期間は余裕を持って一ヶ月くらい用意してあります)

 

 

ちなみに僕の車はXV

あんまり荷物の乗る車ではないので、ファミリーカーを代表するノアを運転している親父に助っ人として参加してもらう事にしました。

 

ノアでしか運べないもの(本棚や自転車)を運んでさえもらえば、あとはXVで何往復でもするだけさ!!

ふはは!!!

 

ってな訳で、引越し開始!!!

 

自力で引越し開始

 

本日は土曜日。

仕事がお休みなので、僕、嫁、子供、父、母の五人で引越しをする事となった。

 

子供は五歳なので、戦力外通告である。

母もご老体のファットmotherなので戦力外通告である。

 

 

主に、子供の面倒を見てもらったり、車のドアを開けっぱなしにしているときに、見てもらう監視役として存在してもらう。

 

見た目のインパクトがあるので監視役としては最適だ。

 

 

 

もちろん当日までに、段ボールに荷物は詰めてあるし、玄関の近くに運ぶべき荷物は結集させてある。

それを父と嫁と運んでいく。

 

そして、運んでいくうちに気づいた事がある。

 

 

自力引越しで気づいた注意点

 

デカい段ボールにパンパンに詰め込んだモンは運びにくすぎる。

 

 

そしてクソ重い。

 

なんなら、引越し先に置いた時も、箱がデカすぎて開封するのが恐ろしくなる。

 

なので、数は増えても小さめの箱に詰めた方が良いなと痛切に感じた。

一人で余裕で運べるサイズが良いですね。(車の小さなスペースにも入りますしね)

 

 

あと、本棚とかタンスとかデカめな物を運ぶときは、周りを養生して傷がつかないようにすると思うのですが、ドコでぶつけるかなんて分かったもんじゃないので、運ぶもの自体を毛布とかでグルグル巻きにした方が安全だなと思いました。

 

実際に運んでる最中に階段や壁にゴンとぶつけてしまったのですが、全く傷ついていませんでした。

 

自力で引越しをする時に必要なアイテム

 

次に、自力で引越しをする時に必要に感じたアイテムを紹介します。

 

●毛布

先ほども書きましたが、毛布があると養生が出来るので超便利です。

窓から運ぶ時も窓の下に敷いたりとか超便利です。

ってかないとヤバイです。

 

●滑り止めの手袋

 

百均のでも良いので、滑り止めの手袋は買うべきです。

これがあるだけで、安定感が全然違います。

疲れにくくもなると感じました。

 

●飲み物

案外忘れがちな飲み物。

飲まずにやると、ぶっ倒れますよ。

水分補給を忘れずに( *´艸`)

 

●折れない心。

もう一つ。

あと一個だけ。

そういう気持ちが引越しをすすめます。

諦めるな。いつかは終わる( *´艸`)

 

 

以上ドスケンでした(^^)/

明日も頑張って運びます(^^)/

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.