早くして亡くなった先輩について思う事。R.I.P!人生は楽しんだもの勝ちだね!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日はお盆も近いという事で、天国に居る先輩について書こうと思います(^^)/

 

年齢関係なく仲良くなった先輩

 

僕には大変仲の良い先輩が居ました。

一回りくらい年が離れているにも関わらず、とても気が合い、よく遊んでいました。

 

仕事の事はあまり教えてもらいませんでしたが(笑)、人生について色々教えてもらいました。

最初はよくある先輩後輩の仲でしたが、時間が経つにつれ、そんな気を使う仲ではなくなり、お互いに気を許せる友達の様な感じになっていました。

 

よく一緒に飯を食いにいったり、飲みにいったり、遊びに行ったりしていました。

会社の中では一番会社以外で遊んでいたと思います(^^)/

 

 

先輩はお金を貯めつつも、人生楽しむ為に金を使おうと言う性格で、毎月色々な予定を入れては人生を楽しんでいました。

トイズマッコイというブランドのジャケットが好きで、20万円を超えるような革ジャンをオーダーして着たりしていました。

僕も、いずれは人生の一着を買おうと思っています(^^)/

 

ある日の朝

 

ある日の朝、先輩が会社に来ていませんでした。

連絡もなく会社を休むような人間ではないので、何があったのかと心配しました。

 

すると、先輩の親からの電話で、先輩が亡くなっていた事を知りました。

 

会社の誰もが突然の事に信じられず、誰もがリアクションもとれませんでした。

本当に、何かのドッキリではないかとカメラを探したりもしました。

 

でもドッキリじゃなかったんですね。

 

僕にとっては仲の良い人が亡くなるのは初めての経験だったので、かなり動揺しました。

 

人生は突然終わるし、明日は誰にも分からない。

知ってはいたけど、なんとなく自分には関係ない事と思っていました。

 

 

でも、実際に、人生はいつ終わるか分からないんだと真剣に思いました。

 

先輩が亡くなる前日、仕事が忙しくて、飯を食いに行くのを断ったのを少し後悔しましたが、

最後の事を後悔したって仕方ありません。

 

 

でも、この事から人と別れる場合には後悔のないようにしないとなと思いました。

今日のケンカは今日中に終わらせておかないと、明日はどうなるか分からないし、

今日のお礼は、今日中に言っておかないと、明日は言えるか分からないのです。

 

その後の僕の人生

 

先輩が亡くなって、マジで会社が詰まらなくなっちゃったけど、

今度は俺が先輩みたいに面白い人になって後輩を楽しませてやろうと思っています。

 

 

先輩からは最後に【人生をもっと楽しく生きて後悔しないようにしよう】と教えてもらった気がします。

 

葬式の時とかに、皆言ってました。

「早く亡くなったけど、普通の人の一生分以上に人生楽しんでいたよね」って。

 

俺の人生はあと何日あるのか知らねーけど、最高に楽しんでやるぜ。

 

って事で、お盆だし、また墓参りいくね、先輩。

 

R.I.P先輩!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Comment

  1. カリ吉 より:

    少し、ウルっときました

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.