嘘つき野郎の夢と現在【史上最低なクソ男ドドリア】

2019/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

もうすぐ年越しですね。

 

平成が終わりますね。

なんか寂しいですね。

 

ふ、ふふふ。

 

 

そんな2018年のほぼラストに、史上最低なクソ男の話のファイナルを書いていきます(笑)

 

それではお付き合いください。

(こんなブログ毎日見てる人って変わってるねw)

 




 

クソ男の夢

 

僕がクソ男と同じ学校だったのは高校までなので、クソ男の事は高校までしか知りません。

うちの高校では二年生の時に、受験コース(大学進学の為に勉強する)進学コース(大学進学を目指すが、推薦狙い)就職コース(そのまんま就職する)

の三つにクラスが分けられます。比率としては、受験コースが2クラス。他は半々。2対4対4くらいの割合でした。

 

 

僕は大学進学する事を高校一年生の時には決めていましたので、受験コースを希望しました。

(なぜなら、今後の人生はずっと働かなくてはならないのに、高校卒業して働くのは嫌だったからです)

 

僕の友達は、ほぼ受験コースを選びました(オイモ、ベアー、ゴボウ等)

 

 

しかし、当然のように、あの男も受験コースを選んでいたのです……。

 

 

ドドリア!!!

 

 

受験コースにドドリア現る

 

二クラスある受験コース。

 

理系と文系に分かれるのですが、僕は理系、そしてドドリアも理系。

 

まさかのドドリアとフォーエバー状態。

絶え間なく注ぐ悪の名を永遠と呼ぶ事が出来たならと言った感じである。

 

 

受験コースになって数週間経つと、ドドリアはまたもや皆に馴染んでいた。

 

そして言うのを忘れていたが自演乙くんも理系であった。

 

 

クラスではちょいちょい盗難が発生したり

「夏休みはジョーダンとバスケするツアーに参加するぜ」と自演乙が吹いたりと

このクラスは崩壊しているかのように見えた。

 

 

そんな頃、俺はドドリアの夢を聞くこととなる。

 

誰かに将来何をするかを聞かれてドドリアは答えていた。

 

「俺は医者になるよ。ずっと前から決めてたんだ」

 

 

ふざけんじゃねぇ!!!!!

 

 

 

生まれながらの子悪党のドドリアが医者だと!?

 

絶対に白い巨塔になるわ!!!!(笑)

 

 

そして現実にドドリアは医大を受験して落ちていた。

 

風邪の噂では俺らが大学を卒業する四年後には、まだ浪人していたらしい。

 

 

22まで浪人して医大に受かったかどうかは分からない。

 

しかし、あいつの謎の執念でもしかしたら17年経った今、医者になっているのかも知れない。

 

病院行って、先生があいつなら、俺は迷う事なく病院を出るだろう。

 

それほどまでにヤバイ男なのだから。。

 

 

史上最低のクソ男シリーズ 完。




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.