どうして負債である家を買ったのか?一生賃貸で行こうと思っていた男の心の変化

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

今回は家の考察ブログを書いていきます(^^)/

どうして僕が家を買ったのかです。

 

スポンサーリンク




 

どうして負債である家を買ったのか?

 

家への考え

「家は資産だ」

 

そういう人が居ますが、僕は家は負債だと思っています。

なぜなら、資産と言うのは金を生むものであり、家は金が出ていくばかりで、金を一切生まないからです(超立地が良くて、人に貸せるなら資産かもしれませんが)

しかも、買って次の日に売ろうとしても、かなり値段が下がってしまうものなのです。

恐ろしい。

 

賃貸で払うくらいならローンを払った方が良い

 

「どうせマンションやアパートで賃貸を払うならローンを返した方が良いよ。家賃は戻ってこないし、損だよ」

みたいな事を言う人も居ますね。

 

しかし、僕は家賃は【いつでも自由に場所を変えれる代金】だと思っているので、決して無駄ではないと思っています。

 

家を買ったら場所は固定されてしまうし、仕事も家の近くで決めなくてはなりません。

アパートなら、転職は【地球上のどこでもオッケー】になるのです。

 

なので決して家賃は無駄ではありません。

 

ローンは無駄すぎるし怖い

 

35年ローンはマジで怖い。

35年も生きていないのに、今までの人生全てを過ごしても足りない時間のローンを返し続けるのが怖い。

会社だって、いつまでも有る訳じゃないし、そもそも怪我や病気で仕事を続けれなくなる可能性もあります。

 

なにより利子がクソヤバイ。

 

3000万を借りて35年ローンだと超低金利と言われている今でも4000万以上返す事になるんですよね。

 

マジで恐ろしすぎる。

 

 

なので、一生賃貸で良いや。

もしくは買うなら老後に一括で家を買う。

そう思っていました。

 

そんな僕が家は負債と知っていながら最近家を買いました。

一体その理由は何なんでしょう?←自分で言うな(笑)

 

負債と分かっていながら家を買った理由

 

それではこれから家を買った理由を紹介してきます。

 

単純に狭くなった

 

単純に子供が大きくなり、部屋を欲しがったりしてマンションに住むのが狭くなりました。

なんだかんだ、家を買って暮らすと言う考えが根付いている日本は家族が満足して過ごせる大きさのアパートやマンションが少ないのです。

ましてや豊橋は田舎なので、部屋数があるマンションやアパートが少ないです。

 

俺が死んだときに家族に家が残る

 

これが一番デカいんですけど、もし僕が死んだとき、アパートの家賃を払っていくのも大変だと思うんですよね。

遺された家族は。

 

でも家だと団体信用生命保険がありますから、僕が死んでも家が残るんですよね。

これは唯一家を買う事のメリットではないかと思います。

 

 

子供が友達を家に呼べる

 

今のマンションだと子供が友達を呼ぶことが出来ません。

ごちゃごちゃしているし、部屋がないからです。

 

でも家なら余裕で友達を呼ぶ事が出来ます。

 

これも大きなメリットだと思います。

 

ケツに火がついて、稼ぐ気になった

 

なんだかんだ、家を買った事によって、早くローンを返してやろうと思い、稼ぐ気が増えました。

今までは、マンションでのらりくらりと生活していましたが、家を買ったら後には引けないので稼ぐしかありません。

 

サラリーマンとしての仕事ももちろん、自分で稼ぐ為の勉強もやる気がでています。

かかか!!!

 

 

まとめ

 

家は良いものだ。

 

今後はどうなるかは知らない(笑)

とりあえず、今は楽しい( *´艸`)

 

スポンサーリンク




 
 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.