ホームレスのオッサンに食べ物を貰った話【金山駅前アウトレイジ】

2017/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

今回はホームレスのオッサンに親しくして貰った話を書いていきます(^_^)/

スポンサーリンク




 

バイトでの話

学生時代、ショップ99と言う、全ての商品が99円で売られているコンビニで働いていました。

三年くらい働いていましたので、もはや達人の域だったと自覚しております。

 

金山駅の近くと言う事もあり、変な人が沢山来ました。

強盗が来たこともありました(笑)

 

そんなカオスなバイト先では、ホームレスのオッサンも良く来たんですよね。

 

ホームレスの買物

 

ホームレスだからって金持ってない訳じゃないんですよね。

毎回きちんとお金を払っています。

万引きする小僧より百倍人間として良い感じです。

 

ホームレスの人は何人も来ていたんですが、特に仲良かったのが、小さくて良く喋るオッサンです。

 

夏には上半身裸で現れ、「あちぃなぁ! ドスケンの兄ちゃん!!」

と言ってきます。

 

背中には入墨の途中?(筋彫りって言うんですか?)のモノが入っています。

 

何故最後まで入れぬ!!!w

 

 

そのオッサンは、生肉(鳥)と、コーヒーのパックをいつも買います。

 

そして、生肉を買って「割箸くれい」と言ってきます(笑)

 

 

生肉で箸ですよ。

 

流石です。

 

それを電子レンジでチンして食うんですよ。

 

 

めっちゃ異臭しますからね!!!

 

店内パニックですよ(笑)

 

それを毎回やるのが、この小さいオッサン。

 

まさにアウトレイジ。

 

ホームレスからのプレゼント

 

ある日、オッサンが僕に言いました。

 

「ドスケン、時計やるよ。沢山拾ったんだ」

 

といい、僕に渡してきました。

 

電池は切れているもののGショックでしたw

 

 

よく見ると、オッサンの腕にもGショックが装着されていました(笑)

ドコで見つけたんだそんなもん!!!

 

「いや、良いっすよ! そんな良いもん、貰えないっすよ」

 

「そうか、まぁ要らないなら良いけどさ!」

 

オッサンは少し拗ねた感じになりました(笑)

 

 

そして次の瞬間

 

「じゃあ、これやるよ」

 

オッサンはポケットをごそごそしました。

 

そして、袋に入っていない裸の状態の柿ピーを数本差し出してきました。

 

超黒い手でwww

 

 

「アホか!!! 食えるか、こんなモン!!!」

 

僕は超デカい声で叫びました。

 

店内が激震するほどの咆吼でした。

 

ホームレスのオッサンは、また拗ねた感じになりました(笑)

 

ちょっと言い過ぎたかな、と思いましたが、次の日も生肉をチンして異臭を放っていました。

 

以上、ドスケンでした(^_^)/

 

スポンサーリンク




 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.