僕が巻き込まれた犯罪一覧。注意喚起ブログ。明日は我が身。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

今日は平和ボケしている日本人の為に、注意喚起のブログを書いていこうと思います。

 

日本だから安全、平和だと思っている貴方。

今現在も犯罪に巻き揉まれている人は、何人も居るのですよ。

 

それでは僕の巻き込まれた犯罪を書いていきます。(日本以外の事もあるけど)

恐喝

 

これはポピュラーな犯罪ですねw

特に思春期の男子なら、やられた事がある人も多いかも知れません。

 

僕のやられた恐喝はですね。

大学生の頃、金山駅を歩いていると変なオッサンに絡まれ金を請求されました。

 

詳しい話は既に書いていますので、こちらをどうぞ↓

変なオッサンに金山駅で絡まれた話

 

駅周辺って特に変な人が多いので気を付けましょうね。

 

もし変な人に絡まれて、腕力や逃げ足に自信が無いと言う人は、なるべく明るい方、人の多い方に逃げるようにしましょう。

狭い路地とか、人気のない所へ行ったらアウトですよ。

 

暗いは怖いです。覚えておきましょう。

 

ちなみに使える護身アイテムを紹介します。

 

★ストームホイッスル★

世界一大きな音が鳴ると言う笛です。

護身用に常に持っています。

軽い息で、とんでもない音が出ます。思いっ切り吹くと自分の鼓膜が痛いくらいです。

是非ともオススメします。

 

スリ(財布をスラれた)

 

これはイタリアに旅行に行った時の話ですね。

イタリアはスリが多いスリが多いと事前に聞かされたにも関わらずスリにあってしまいました(笑)

 

ツアーの旅行者の半数以上がスリに合う事もあるくらいイタリアはヤバイ都市です。

 

 

詳しくは既にブログに書いています↓

イタリア旅行でスリにあって発狂したぜ

 

対策としては旅行中は現金を一か所に持っておかないって事ですね。

 

僕はそれくらいの事は実行していたので、被害は少なく済みました。

財布も普段使っている財布ではなく、一代前のボロ居財布を使っていました。

なのでそこまでショックはうけませんでした。

 

しかし、財布にチェーンをつけて前ポケットに入れていてもスラれるなんて、とんでもない国だ。

注意しましょう。

 

日本でもケツに長財布をさして、暗い道とか歩いてるのはアホですよ。

気をつけましょう。

 

傷害(集団暴行)

 

高校の時、学校へ行く最中。

 

僕が元気よくチャリを漕いでいると、二人の白ギャングが道を塞いでいたので僕はスピードをアップしてさらに漕ぎました。

そうすれば避けると思ったからです。(白ギャングとは全身を白の服で統一した変な集団)

 

しかし白ギャングは避ける事はなく、そのまま自転車でハネてしまいました。

 

そこからケンカになり近くの公園へ来るように言われました。

 

僕は筋トレを始めたばかりで調子に乗っていたので、こんな雑魚共に負けるはずはないと、公園へ行きました。

 

しかし、喧嘩で二人に勝つというとはとても無理な事だと、後から知りました(笑)

 

こちらも攻撃をしているのですが、倍近くの攻撃を受け、ボコボコにされて、唇を二針縫う羽目になりました。

 

僕が持っていた傘で顔面を殴られた際にキレたっポイです。

 

幸い、ヤンキーのオッサンみたいなヤツが漫画みたいに通りがかってケンカを終結させてくれたので、助かりました。

 

またこの話は詳しく書こうと思います(笑)

 

血まみれになった制服は意外と洗濯したら取れたのでビックリしました。

 

盗難

 

カロッツェリアのナビを車に装備した二週間後くらいに盗難されました。

朝会社に行こうとしたら、車の中の物が全て外に出ていたので、一瞬頭がパニックになりました。

 

そして次の瞬間、割れたガラスと、無くなったカーナビを見て発狂しました。

 

きゃああああああああああああ

 

 

 

 

対策としては、車にセキュリティを付ける事。

セキュリティってつける店が大事なので、変な店でつけると直ぐに解除されてしまいますよ。

その土地で有名なセキュリティショップでセキュリティつけると、ショップのステッカーが犯人を威嚇する事にもなります。

(豊橋だとクレバーズ)

 

 

あとは駐車場にセンサーライトを付けましょう。

 

これオススメです↓

乾電池式で、アームがついてて装着しやすく、しかも凄い明るい。

新居にも早速つけてます。もちろん防雨型。

コンセントが要らないのが、何より良いですね。

駐車場をガッと明るくできますので、防犯能力高い!

 

あと高校の時に朝学校へ行こうとしたら自転車が無くなっていた事もありますね(笑)

俺のステッカーだらけのチャリをパクりやがってマジでコ●すって思ってたら数日後10キロくらい離れた所で見つかりましたね。

友達が発見しました。

 

ホ●に襲われそうになる

 

New Yorkのホテルのエレベーターでデカいオッサンと二人っきりになった時に、いきなり抱きついてこようとしたオッサンが居ました。

僕ば全力で吹っ飛ばしてエレベーターから脱出したので助かりました。

ただ運が良かったです。

鍛えていて良かったです。

 

もう少しで出川さんみたいに「痛いのなんのってー」って言うハメになっていたかもしれないと思うと恐ろしいですね。

 

ぼったくり

 

豊橋駅で友人と飲んでいると(この友人が飲み放題の店は嫌だと言う代わりもん)

二時間くらい飲んで38000円だと言われました。(キャバクラじゃないですよ)

 

僕は直ぐに酔うタイプなので、5杯も飲んでいないのは確かです。

一杯800円だとしても4000円です。

 

友人は結構飲んでいましたが、ほぼビールで、一応10杯くらいと記憶していました。

8000円です。

 

食事はポテトとかソーセージとかそんなものを4皿です。

メニューみても700円とかです。

 

5皿頼んでいたとしても2800円です。

合計して約15000円です。(それでもクソ高いけどな)

 

 

なのに38000円です。

 

この店なめてんなと思ったので「内訳を持ってこい」と言いました。

 

だってレシートに38000円しか書いてませんから。

 

そうしたら、中々帰ってきません。

 

ようやく帰ってきたと思ったらビールが25ハイとかになっています(笑)

 

「舐めてるから警察呼ぶわ」

 

そういうと、なんかちょっと怖そうな人が出てきましたが、引いてはダメな所だし、暴れれば脱出できると思ったので強気でいきました。

 

そうすると、僕の言い値の1万5千になりました(それでもクソ高いけどな)

 

ちなみにその店は直ぐに潰れました。

 

轢き逃げ

 

京都に旅行へ行ったとき、交差点で車に撥ねられました。

すぐに起き上がりましたが、車に逃げられました。

 

走って追いかけましたがダメでした。

 

もし追いついていたらストツーのボーナスステージみたいにしていたと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたが?

世の中には危険な事がいっぱいあるのです。

 

色々な経験をしている僕なので、家を買った今、空き巣も当然の様にある物だと認識し、早急にアルソックにも加入し、色々な防犯装置を取り付けています。

 

このように、自分だけは大丈夫と思わずに危機意識を高くもってください。

 

特に女の子。

 

夜道を一人で歩くとか、どんだけ危険な行為かちゃんんと認識するように。

彼氏や旦那は絶対に夜道を一人で歩かすな。家まで送れ。

 

以上ドスケンでした!

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.