ゲームセンターで騒ぐ奴を注意したら事件になった。

2017/07/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は、ゲームセンターでの衝撃の事件簿について書いて行きます。

 

 

スポンサーリンク




 

 

深夜のゲーセン

 

僕は昔、鉄拳5と言うアーケードゲームが好きだったんですよね。

好きっていうか、大好きってレベル。

 

毎週の様にゲーセンに友達と通って、バトルしていました。

 

アホほど金を使ってましたね!

 

一日三千円くらい(笑)

 

 

まぁ、その愚行は良いとして、問題なのは、ゲームセンター内での話です。

 

 

 

事件当日。僕は一人で鉄拳を練習していたんですよね。

時刻は23時くらい。

 

 

二個となりのGAME機(よく分からない格闘ゲーム)を20くらいの男がプレイしていたんですが、

 

半端なく うるさい

 

正面のマシーンに、おそらく友人が座ってるんだろうけど、とにかく大声で叫びまくる!!!

 

「おっしゃああああ!!!!!!!!!!!!」

 

「ふざけんなぁああああああああああ!!!!!!!!!!」

 

 

そして、ゲーム機をバンバンと叩きまくる(笑)

 

 

何コイツ?(笑)

 

狂ってるのか??

 

 

 

ウルサイにも程があんだろ!!!

 

 

マジで応援団の団長レベルの声量ですよ。

 

誰を応援してんだコイツは。

 

 

二個隣に居る僕の鼓膜をつんざく気なんでしょうか。

 

ちなみに つんざくって漢字変換したら、劈くってでました(笑)

マジで初めて見た漢字(笑)

 

 

僕も大人です。

 

少しは我慢していました。

しかし、10分たっても状況は変わらないのです。

 

むしろ、もっとうるさくなっている感じ。

 

 

僕は立ち上がりました。

 

この迷惑なヤツに、一言もの申してやると。

 

 

迷惑なヤツに注意する

 

僕は、すぐにウル星奴らの隣に座りました。

 

そして、横顔をじーっとみつめます。

 

ても、まだウルサイのを継続しています。

 

なので、肩をちょんちょんと可愛く突きました。

 

「は?」

 

なんだかムカツク顔で、こっちを見てきます。

ムカついているのは、こっちなんだよ。

 

 

「ねぇ、ここは、オマエの家なの?」

 

思い切って、そう言うと、衝撃の解答が返ってきました。

 

「いいい家ではありません。しかし、家の様なもので有りたいと思っています」

 

 

なんだよ、こいつぅうううううううううう!!!!!!!!!!!

 

 

恐い!

なんか恐いよぉおおおおおおおおお!!!!!!!!!!(笑)

 

 

関わるな!!!

 

俺は帰宅した(^_^)/

 

以上ドスケンでした(^_^)/

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.