岡崎のゲーセンで絡まれビビる友達(岡崎ユーファクトリー)

2017/05/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

 

本日は岡崎のゲームセンターで起きた珍事について書いて行きまうす。

岡崎ユーファク

 

俺は、友達のオイモ、ベアーとゲームセンターに来ていた。

 

 

オイモとは、

鼻の穴がブラックホールみたいに黒く亜空間に繋がっている男で

 

ベアーとは

シェイシェイ-!! が口癖の獣臭がする巨漢の男である。

 

 

その頃の俺らは鉄拳5というアーケードゲームにはまっており、毎週末ゲーセンに繰り出しては鉄拳をプレイするという、時間と金を存分に無駄にする生活を続けていた。

 

まさに浪費家。

アーケードゲームは昔に比べると凄まじい進化しており、カードを作り、スマホでキャラクターの服を代えたり、名前を入力したり、戦績が出るようになっていた。

 

俺とオイモは、同じくらいの戦績で228勝205敗くらいの感じだったが

ベアーは鉄拳を俺らが勧めてやらせたのだが、0勝36敗という凄い戦歴になっていた。

 

 

ベアーはキャラクターを相撲取りにしており

名前を「全敗朝青龍」としていた。

 

名は体を表現とはこの事か。

 

鉄拳5は今日も人気で、人々で賑わっていた。

 

俺たちは、あまりにも人が沢山居るのは嫌なので、少しだけ他のゲームをして時間を潰した。

 

いよいよ、俺らの時間がやってきた。

 

 

 

俺とオイモが挑戦するも、相手のちょっとイキってるヤツに負けてしまった。

 

俺とオイモが負けたのだからベアーが勝てる訳ないのだが、奇跡を信じてベアーは金を投入した。

 

 

画面上に表示される全敗朝青龍の文字と戦績。

 

相手側がら爆笑が起きる。

 

 

相手に笑われた事がショックだったのか、ベアーは小さく震えていた。

恐い。

 

そして試合開始。

 

 

奇跡は起きなかった。

 

ベアーは少し泣いていた(笑)

マジで。

 

「あいつら、マジでやってやる」

ベアーは泣きながら怒っていた。恐ろしい獣だ。

 

 

そして、俺がもう一度挑戦した。

 

 

勝った。

 

鉄拳は勝った後も数秒の間、キャラクターを操作できるので、

怒りを込めて、倒れている相手キャラを攻撃し続けていた(笑)

 

 

すると、相手のプレイヤーが身を乗り出してきており、目が合った。

 

ロバートの馬場みたいなヤツだった。

 

凄い睨み付けてきており、ゲーム機をバンと叩くと、こちらに走って来ていた。

 

俺の横に来て

「おいコラ!!!」

 

と言ってきた。

 

俺はゲームを続けていた。

 

先ほど「やってやるぜ」とか言っていたベアーが後ろに控えている為だ。

 

しかし、ベアーは中々来ない。

 

「おい!!!」

 

横のロバート馬場がしつこいので立ち上がると、圧倒的な身長差があった。(頭1個分)

 

めっちゃ小さいやんコイツ。

 

予想外の身長差に馬場が怯んだのが分かった為、「何?」と聴くと

 

「何も無い」と言って去って言った。

 

 

一体何だったのか。

 

 

そして馬場が去った後、ベアーはやってきた。

 

 

「シェイシェーイ!!! マジあいつ何なんだ? やっちまおうぜ」

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.