ガストのドリンクバーでの事件。【馬鹿すぎる友人話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は学生時代のクソしょーもない話を書いていきます。

登場人物が馬鹿しか居ないので、常識ある人はイライラしてしまうかもしれないので、そこは注意して下さいネ(笑)

スポンサーリンク



皆でガストへ

20前後と言えば、ファミレスによく言ったものだ。

 

 

ファミリーレストランとは言うけど、実際はファミリーより仲間や友人と行くことが多いファミレス。

実際に僕も家族を持ってからガストに行ったことなんて多分ほとんどない。(一回くらいはあるかも?)

 

ファミレスってそんな感じ。

 

 

学生真っただ中の俺は、この日もキムモーとキョガイトって言う友人と一緒にガストに来ていた。

 

そして山盛りポテトという、体にめちゃくちゃ悪そうな食べ物をひたすら食っていた。

 

 

キョガイトは身長150センチ体重35キロの男だが、割り勘の時はめっちゃ食うという性質を持っており、仲間内からは警戒されている。

そのくせスシローファイト(二チームに分かれて皿の枚数の少ない方が全額の支払いをするという恐ろしいイベント)では全く食えなくて同じチームのヤツを激高させる。

 

 

そんなキョガイト。本日も快調にポテトを食い続けている。

 

「飲み物ぉ」

キョガイトは、そう言い残すと席を立った。

これほど分かりやすい欲求はない。

 

水を補充しに行くのだろう。

 

この日は金の節約の為に、ドリンクバーすら頼んでいなかったのだ(笑)

 

やらかすキョガイト

 

戻ってきたキョガイトのコップには、なみなみと緑色の液体が注がれていた。

 

え、こいつジュース入れてるぅ!!!

 

 

 

「おい、おまえドリンクバー頼んでないだろ」

 

俺がそういった瞬間にキョガイトはジュースを一口飲んで青ざめた。

 

「しまった、勘違いや」

 

おろおろとするキョガイト(笑)

 

「バレないうちに全部飲んじまえよ」

 

俺がそういうと、キョガイトはジュースを一気に飲み干そうとした。

 

ガフッ!!

ガフッ!!!

 

と謎の音をたてながらジュースを飲むキョガイト。

 

 

数分後。

 

キョガイトは罪悪感に耐えれなくなり、自らの行いを店員にカミングアウト(笑)

 

店員も、は?

って感じで、「今回は良いので次回から気を付けて下さいネ」

と言われて安堵の表情。

 

 

なんて良い奴なんだ(笑)

 

 

そんなキョガイト、35になった今でも素人童貞です。

 

 

ま! 以上ドスケンでした(^^)/

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.