デブの発想と行動。狂気に満ちた自称ぽっちゃりの横綱クラスの男の話

2017/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

前回、会社の狂ったデブの話を書きました。

 

 

今回は続編です。

 

 

デブの恐ろしい発想

デブのビゲスト。

カントリーマームを東海1愛する男。

 

愛のあまり、会社の冷蔵庫に、お菓子袋を用意しカントリーマームを大量に保管する男。

 

しかし、ドスケンと、その他大勢は、ビゲストのカントリーマームを勝手に食い散らかしていた。

 

デブの進行を止める為の手助けと思って泣く泣く食っているのさ。

 

 

しかし!!!

 

ついに、それがビゲストにバレたのだ。

 

「おかしい! カントリーマームの数が減っている!!」

 

大声で叫ぶビゲスト。

 

「おかしいのは、テメーだ! 会社の冷蔵庫にお菓子を保管すんな」

 

「もうこのままじゃスミマセンよ!!!!!!!!!!!」

 

怒り狂うビゲスト。

 

犯人を俺と決めつけている様子。

 

なんてムカツクやつなんだ。

 

俺なんだけど。

 

 

 

そして翌週。

 

俺とビゲストは夜勤であった。

 

 

 

夜勤中に腹が減ったので、ビゲストのカントリーマームを食ってやろうと冷蔵庫を開けると衝撃の光景が!!!!

 

 

 

 

か、カギがかかってるぅううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!

 

 

なんだなんだ!!!!

 

お菓子に錠前だと!!!!

 

 

 

 

アホや!!!

 

 

こいつ、ついにやりがった!!!!(笑)

 

袋をハサミで切ってやろうと思ったが、あまりにも外道なので、それは辞めておいた(笑)

 

 

しかし3桁の錠前か。

 

000から999までの僅か1000通り!!!

 

 

順番に試して、絶対攻略してやる!!!w

 

 

ビゲストと、俺たちの新しいバトルが始まったのだ。

 

 

以上、ドスケンでした。

 

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.