コンビニでバイトしていた時に嬉しかった客BEST3【爆笑実話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

今日はジムに行って、中学の同級生らしき人を発見しましたが、スルーしました(笑)

別に中学の同級生だからって話さないといけない訳じゃないですからね(^^)/

 

でも地元で、この人かな? って10年ぶりくらいに合っても何となく分かるもんですね。

そして、ほぼ100%の確立で間違いないですからね。

 
スポンサーリンク



ってな事で本日もブログを書いていきます。

昨日の記事で、コンビニでバイトしていてムカつく客TOP3を書きましたので、本日はその逆。

コンビニでバイトをしていて嬉しかった客BEST3を書きたいと思います!!

 

昨日の記事はこちら。

コンビニで嬉しかった客

 

それでは書いていきますよ!!

まずはBEST3!!

 
スポンサーリンク



 

色々な物をくれるホームレスのオッサン

 

トーキョートライブ2のアボジみたいなオッサンです(笑)

 

Gショックを拾ったと言って渡してきたり、柿ピーをポケットから裸で出して渡してきたりします(笑)

良い迷惑なんだけど、なんとも憎めないオッサン。

 

話も面白かったです。めっちゃ臭いですけどね(笑)

また会いたいなってたまに思いますね(5年に10秒くらい)

 

缶コーヒーを奢ってくれる帽子のオッサン

 

BEST2の発表だぁ!!!

僕がレジをしていると、缶コーヒーを必ず持ってきて、レジの後に

「これでも飲めよ」と言ってくれる帽子を常に被っているオッサンが居たんですよ。

 

自分の店に売っているものをくれるってのも不思議な感じがしますよね。

なんか店のものを勝手に飲んでいると思われそう(笑)

 

でも男気溢れるオッサンでした。

 

一回外に出た瞬間に帽子が風で飛んだ事があったんですけど完全にハゲていましたね。

 

帽子をくれるお婆さん

 

僕はバイトをしている時、頭がスキンヘッドだったんですよね。

当時はヒップホップが好きだったので、全剃りでした。

たまに伸びて坊主になったり、その繰り返し。

 

そんな僕を気遣ってか、ある日、よく店に来るお婆さんが手編みの帽子をくれたんですよね。

 

「あんた寒そうだから帽子を編んであげたよ」ってね。

 

これは本当にうれしかったですね。

泣きそうでした。

 

僕は病気でスキンヘッドにしているわけではなく、自らスキンヘッドにしているんですけどね。

多分、何か勘違いしていたんだろうと思います。

 

でもお婆さんの優しさはしっかり受け取ったぜ。

 

この事は自分の歌にも書いています。良かったら聴いてみて下さい。

 

 

どうでしたか、これが僕がバイトしていて嬉しかった客BEST3です!!!

皆さんもバイトでの面白い話があったら教えて下さいネ(^^)/

 
スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.