仕事が出来ないのに先輩風を吹かせてくる人の あだ名を考えたw【ドラゴンボールのあだ名】

ま! ドスケンです。

突然ですが、僕はサラリーマンです。

サラリーマン金太郎的なソウルを持っているつもりです。

 

が!

 

サラリーマンとは会社の歯車となり、生涯を終える悲しい生命体なのです。

早く抜け出してやるぅ!!!

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

さてさて、とか言っておりますが、そんな僕もサラリーマンになって10年以上が経過しました。

 

時の流れとは恐ろしいモノです。

 

最初は下っ端だった僕も、沢山後輩が出来て、仕事にも責任とか言う面倒くさいモノがズシーンとのし掛かってきています。

 

そんな中、気づく事があります。

 

この先輩、全然仕事出来ねーな!w

(ちょっと失礼な言い方ですけど、すみません)

 

仕事出来なくても、人柄が良く、面白い先輩ってのは良いものです。

逆に安心したりしますからね(笑)

 

 

問題なのは、やたら高圧的な態度だったり、僕が入社当時のままのテンションで接してくる、仕事の出来ない先輩です。

 

 

 

居るんですよ。どこの会社にも、そんな人は!(笑)

 

僕は、その先輩と接していて、ある人物を思い出しました。

 

 

その人物とは、

 

戦友の子供を修行に連れ出し、しごき倒し、子供が大人になる頃には完全に自分より強くなってしまい、それでも尚、超師匠の座を保ち続ける男。

 

 

そう、

 

 

ピッコロさんです。

 

ピッコロさん

 

ピッコロさんは、マジ凄いですよ!www

 

 

ゴハンの方が遙かに強いのに、それでも超偉そうにアドバイスをしますからね(笑)

 

「ゴハン、オマエはまだ甘いぞ」

 

甘いのオマエだわwwwww

 

遙かに凌駕された状態で、あの精神状態を保ってるのは凄いですよ。

なんなら、トランクスとゴテンにも修行をしてましたからね(笑)

弱いのに!

 

 

 

って、ことで、会社の先輩のアダナをピッコロさんにしました(笑)

 

年上なので、さん付けです。

 

まぁ、ピッコロさん大好きなんですけどね(笑)

 

以上、ちょっぴり毒舌をかましたドスケンでした(^_^)/

 

 先輩にプレゼントしましょう↓(笑)

 

 

 

ちょっと欲しいかもマジで(笑)

 

以上、ドスケンでしたー!

 

 

 

自分の親がドリームキラーなのよ(プロ野球選手になれないと言う)

ま! ドスケンです。

突然なんですけど(大体突然だけどさ)

 

知り合いの中学生に、超絶に野球を頑張っている中学生が居るんですよね。

 

俺は全然野球に詳しくないんですが、その練習量は凄まじく、巨人の星的な勢いすら感じるんですよね。(親父さんも含めて)

 

小学校からクラブチームで野球をやっていて、今は中学生クラブチームに所属。

 

クラブチームも全国大会出場、全国ベスト4突破の華々しい戦績を残しているんですよね。

 

マジすげぇって!

 

高校は当然、野球の強豪校へと進む予定で、その子の親も、その子自身もプロ野球選手になると決めているんですよね。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

プロの選手に1時間7千円でバッティングのコーチをしてもらい、中学は陸上部に入り、走りを強化(短距離は中学校で2番目に速い)、左利きに矯正。

と、全てが野球の為に生活してるんですよね。

 

 

 

僕のような運動神経ゴミな奴は目指せない職業ですが、運動神経ピカイチな奴が、恐ろしいほどの練習をして、親がバックアップをして、金も時間も惜しまないという、最強の環境なんですよね。

 

僕もね、当然こいつは将来野球選手になるんだろうな、と思ってるんですよ。

今まで見たこともないようなタイプの中学生なので。

 

で、以上を自分の親が来ていた時に話したんですよね。

 

 

僕の親は、その子の頑張りとか、何も見ていない訳なんですが、こう言ったんですよ。

 

「野球選手なんて、そんな簡単になれんぞ」

 

 

僕は、出た! ドリームキラーだ!!! と思いました(笑)

 

まぁ、それが普通の感覚なのかも知れないですけど、

 

「そんな簡単になれんぞ」って、その子がやってるのは、【そんな簡単な練習量】じゃないですからね。

 

 

僕は自分の親に感謝もしていますし、大学行かせてもらって、ありがとうございますと思っていますが、このドリームキラー的な所はマジで違うんじゃないの? と思います。

 

普通に生きるのこそ全て的な、日本人の思考。

 

そんな風に常日頃から言われていたら、画家や歌手、スポーツ選手とか特殊な職業につくのは、かなり難しくなってしまいますよね。

(それを振り切って進めるのは大人になってからですよ! 小学生で親を振り切って行動は現実不可能に近い)

 

 

オリンピック選手の子供がオリンピック行くのって、

運動センスの遺伝とか、そーゆーのも、もちろんあると思うんですけど、親がドリームキラーじゃないってのがある! 

 

だって、親はオリンピックに行ってる訳ですから、【努力した先に行けてる】って結果を出してるんですから、頑張ってもオリンピック選手なんてなれないぞ、とは言わないですからね。

 

 

話を戻しまして、その野球少年の父親は、自分で会社を経営していた事もあるようなので、やはり、普通のサラリーマンとは考え方違うし、投資すべき所を分かってると思います。

 

 

全国の夢を持つ少年少女、または俺みたいに夢を追い続けてるオッサン、オバサンyo!! ドリームキラーに負けるな!!!

 

 

やって無い人の意見なんて、ただの想像に過ぎない!!!

 

やって無い人が、「人の夢を叶わない」と言って否定して、何をしてるかって言うと、大抵は慢性的にTV見てるンですよ!!!(笑)

 

そんな人の意見に負けるな!!!

 

 

 

 

ただ、頑張って何ともならないモノってのは、確かにあるので、そこの見極めは重要ですよね。

 

運動神経ポンコツな僕が、【人生を賭けてプロボクサーになる】とか言っても、それはただのイカれた狂った行為なんですよ。

 

でも、トレーニングして食事を勉強してボディビルダーになる! とかは(例えばですよ)努力次第ではイケるかもしれません。

 

その見極めをしっかりして、ドリームキラーに負けないように人生楽しみましょう(^_^)/

 

俺は自分の子供のドリームキラーには絶対ならない!!

 

最後に、バスケットのスター、マイケルジョーダンの名言を紹介します!

「お前には無理だよ」と言う人のことを聞いてはいけない。
もし自分で何かを成し遂げれなかったら、 他人のせいにせず自分のせいにしなさい。

多くの人が僕にも「お前には無理だよ」と言った。
彼らは君に成功して欲しくないんだ。
なぜならば、彼らは成功できなかったから。
途中で諦めてしまったから、 だから君にもその夢を諦めて欲しいんだ。

不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。

決して諦めてはいけない。
自分の周りを、エネルギーであふれ、しっかりした考えを持っている人で固めなさい。

 

どうでしょうか!

 

マイケルジョーダンですら、否定的な事を言ってくるドリームキラーはいたんですよ!!

 

みんな、負けるな!!!

 

ポンコツなのに偉そうな事を言って、ゴメンね!

 

何かを頑張ってるプラス思考な人と仲良くなりたいドスケンでした(^_^)/

 

 

スポンサーリンク




 

 

旅行へ行った夜の心地よい疲労感。理想の睡眠を求める。

ま! ドスケンです。

ちょっと短い話になります(^_^)/

 

この間、サラリーマンの奴隷の様な日々から抜け出し、土日で滋賀県へ旅行へ行ってきたんですよぉ。

 

 

朝から車を走らせ、愛知から滋賀まで行き、日程を詰め込みまくり、色々な所を観光してきたんですよぉ。

 

はっ!!!

“旅行へ行った夜の心地よい疲労感。理想の睡眠を求める。” の続きを読む