最高傑作の映画、きっと、うまくいく を見て爆笑、感動!!!

ま! ドスケンです。

僕は今、めっちゃ気分が良いです。

なぜなら超最高の映画を観れたからです。

 

その映画とは

【きっと、うまくいく】

 

人生初のインド映画です。

 

インドの映画って、どんなものか全く想像つかなかったんですけど、もうね本当に面白かった。

 

あのスピルバークさんが、三回観る程好きな映画って言ったらしいですよ。

 

舞台はインドの超難関エンジニア養成大学。

エリートエンジニアになる事を夢見た学生がしのぎを削る所。

 

そんな中、主人公のランチョーは、他社を蹴落として一番になりなさいと言う大学のやり方に反発。自由に好きな事を突き詰めたい性格で、たびたび大学側と衝突する。

 

 

主人公と同じ部屋の親友ファランラージューは大学の落ちこぼれ。

度々退学になりそうになる。

ファランは平凡な家庭で育ち、産まれた瞬間から親にエンジニアになるようにと教育されてきたが、本当は動物を写真に撮るのが大好きで、本当は写真家になりたい。が、お父さんに、そのことを言えない。

 

 

ラージューは、とても貧しい家に生まれ育ち、自分がエンジニアになれないと、家族が生活できない。(父親は寝たきり、母親は同じサリーを何年間も着ている、お姉さんは結婚の際必要な結婚相手に贈る品が無く、結婚できない)

と言う凄い重圧で押しつぶされそうになっている。

そんな事から心を落ち着ける為に、神頼みばかりしている。

 

この三人が巻き起こす学園ドラマ! 爽快です!!

奇才ランチョーが、自分の思う道を突き進み、周りが変わっていく!!!

圧倒的に面白い、最高すぎる映画!!!

 

 

そんな主人公のランチョーが大学卒業してから全く連絡取れなくなり、10年が経過してしまう。

そんな中、同級生がランチョーの手がかりを見つけ、過去を振り返りながら、ランチョーを探す物語なのです。

 

 

笑わすだけじゃなく、本当に泣けるし、インドの社会風刺もばっちりとキメており、(インドは自殺者が多い)本当に考えさせられる。

 

ラージュが学長にに退学を言い渡された時、窓から飛び降りてしまい、意識を失い、皆で必死に看病して意識を取り戻す所、

ファランが自分の家族に写真家になりたい夢を打ち明ける所、

町中が洪水で車が走れない中、妊婦が学校で出産する所、

なんて涙が止まりません。

 

 

ミュージカルの要素もあって、いきなり全員で踊り狂ったり。また、挿入歌がめっちゃ良いんですよね。

 

 

全員が、めっちゃ友達想い。

本当に素敵な作品です。

 

今まで見た映画の中で一番胃面白買ったです!!!

 

 

 

 

この映画を見れば、あなたも、

きっとうまーくいく!!!!

 

 

 

 

ドスケンでした(^_^)/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



洗濯物干すのもヒップホップ(ZORNのMy life)

ま! ドスケンです。

良い曲があると、日常を頑張れますよね。

 

少なくとも僕は頑張れます。

 

うん!!!

 

そんな僕の毎日に、超リンクしている曲をZORNさんが歌っているので紹介します。

 

色々な夢があるけど、今は家族が居て働いている人には是非聞いてほしい。

 

オラオラ言ってばっかりのRAPには最近疲れてまして(笑)

悪ぶってカッコつけるのは大事だけど、もっと根っこの大事な事を教えてくれる曲ですよ。

 

 

 

特に最後の、洗濯物干すのもヒップホップ ってリリックがマジで共感しました。

 

僕も今は小さい服着て、髪の毛伸ばして、ニコニコ生活してますけど、やっぱヒップホップなんですよね心が。

 

棺桶までヒップホップってアナーキーが歌ってましたけど、そんな感じ。

 

だから洗濯物干すのもヒップホップってめちゃ分かります。

 

 

思い通りにいかぬ日常に、ふてくされに似た憤り

また言い聞かす、これはまだ序章。高く飛び上がる為にある助走。

 

大体こんなもんさMy Life

昨日も今日もまぁ変わりない

何にも良い事なんてない

でも言葉に出来ない感謝に愛

 

信じたいモノを信じたい

守りたいモノを守りたい

題名なんて付いてない日

握る小さな手とMIC

 

 

少年の様、夢を追ってたい

ガンガン前 人生一回!!!

 

まさにそうだぜ!!!!

俺ももっとやってやるー!!!!!!

 

 

聴いてみて下さい!!

ZORN! 良い!!!

スポンサーリンク




【96時間】を金曜ロードショーで見て吹いた

ま! ドスケンです。

映画の紹介をします。

タイトルの通り96時間を見ました。

 

96時間

今まで全然知らなくて、名前すら聞いたことの無い映画だったんですが、調べて見ると、全米初登場1位、9週間連続トップ10入りを果たした映画でした。

 

凄いじゃないのっ!!

僕の勉強が足りないだけでしたね。

 

これです↓

 

 

映画を見た感想

海外旅行に出かけた娘と、娘の友達が誘拐され、

それを元工作員の父親が救うという物語。

 

小さな小さな情報から犯人達を追い詰める父親が凄いです。

 

旅行先のパリのパリホテルのトイレに居る娘と電話中

娘の友達が誘拐されるのを目撃し、パニックになる娘。

 

 

「いいか落ち着け。まずベッドまで行き、ベッドの下に隠れるんだ」

ベッドルームに行き隠れる娘。

「隠れたわ」

と少し安心する娘に

「いいか、オマエもこれから、さらわれる」

恐ろしいことを堂々と言う父親。

 

「だから携帯を通話のままにしておいて、さらわれるまでの間、連中の特徴を叫び続けろ」

 

そして実際に、さらわれる娘。その間、手にタトゥー!と特徴を叫びます。

 

 

こんな状況で冷静に指示を出す親父が凄すぎます。

 

そして、怒りに満ちてパリへ向かう親父。

 

ここから怒涛の追跡劇が始まる。

 

 

96時間以内に見つけないと、人身売買されてしまい、娘を奪還するのは不可能。

 

とても恐ろしい映画ですが、とても面白いです。

 

親父は容赦なく銃を撃ちまくります(笑)

爆発力が凄いです。

 

 

総評

 

アクション★★★★

ストーリーの面白さ★★★★

お勧め度★★★★

★5がMAXです。

 

 

 

ドスケンでした!

 

 

 

 

スポンサーリンク