TOKONA-Xは名古屋052のレジェンド(名古屋HIPHOP)

ま! ドスケンです。

 

僕は名古屋に住んで、名古屋のヒップホップを聴きにクラブに通って居ましたので、県外のヘッズよりは多少名古屋のラップに詳しかったと思っています。

 

そんな名古屋のヒップホップの中でも、今でもレジェンド的な扱いなのが

TOKONA-X

 

 

そう、トコナエックスです。

 

初めて聴いた時、何このラップ!!!!!

 

ってめっちゃ鳥肌だったのを覚えています。

 

独特のフロウ、独特のリリック、キャラクターとしての面白さ、近寄りがたい怖さ。

 

どれをとってもヒップホップしていました。

 

慌ててトコナの曲を探しまくったのを覚えています。

 

 

僕が初めてTOKONAを聴いたのが、この曲です

 

バリバリ現役だぁ!

社交辞令、建前、でらキモいてば、やったろか!!!

 

 

マジで痺れるぜぇ!!!!!!

 

その後、TOKONA-Xが同じグループのm.o.s.a.dで歌ってるverも出て、またハマりました↓

(TOKONA-Xはequal,AKILA,DJ fixer(フィクサーのスペル自信なし)の四人でm.o.s.a.dというグループでやっていた)

 

 

当時の名古屋は、なんていうか本当にM.O.S.A.Dって感じでしたね。

TOKONAが居て、equalが居て、AKIRAが居て、そしてB-ninjah&AK-69が居るって感じでした。

 

楽しかったですね。本当に。

 

M.O.S.A.Dのアルバムとか、何回聞いたか分からないくらい聞きましたもんね。

ジャケットも超カッケーっすよね。

 

この頃は、これくらいのサイズの服着てるのが当たり前でしたワン。

 

今聞いても、全然良いですよ。

正直、曲そのものは、音楽素人が片手で鍵盤を弾いたみたいな感じの曲が沢山ありますけど、それをRAPの力でゴリゴリ押し上げて行くってのが好きですね。

お勧めはB-ninjah&AKと歌っている、スイーパーズって曲です(^_^)/

 

「クソがクソまき散らしとるぜ この世は」ってTOKONAの歌詞が好きです。

 

 

そして、超クラシックなTOKONAの初アルバム(右です)

 

 

このアルバムは、僕はイントロが一番好きだったりするんですよね(笑)

最初の

 

イエィイエィ-!!!

うぉうぉうー!!

 

って所でブチ上がってしまいますね。

 

勘違いすんな こりゃあくまでソロ

おみゃーの知っとる俺じゃねー! つーかソロ!!!

 

 

中古屋に売って良し

ご丁寧にJラップコーナー飾る底辺!

 

良いっすわ!!!

 

あとはニューヨークニューヨークです。

これは鉄板ですね。

オマエは何してくれんだニューヨーク、俺に何くれんだてことニューヨーシティ!!

 

僕もニューヨーク行ったとき思いましたもんね(笑)

 

 

 

以上、TOKONAへの熱い思いでした。

あ、最後にTOKONA-Xの名前なんですけど、トコナメに住んでるからトコナなんですよね。 で、トコナメのメの部分がエックス(X)に似てるからエックスにしちゃえって感じだと思うんですよね。

 

こーゆーセンスがマジかっけぇんですよ。

かっけぇ!!!!

 

 

ドスケンでした(^_^)/

 

 

 

 

スポンサーリンク