豊橋のビール電車で小便の我慢限界!路面電車で漏れちゃうこぼれちゃう【笑える話】

2018/09/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は友人の面白い話をしたいと思います(^^)/

 

その友人とは、地球上で最も鼻の穴の黒いと言われている男、オイモです。

 

オイモ、会社の飲み会で路面電車へ

 

ある日、オイモの会社で飲み会が行われました。

飲み会の場所は、なんと路面電車。

 

そう、我が地元豊橋では路面電車を貸し切って、飲み会を行う事が出来る【ビール電車】と言うイベントがたまに発生するのです。

 

普通に路面電車に乗り込み、途中のトイレ休憩を挟み、それ以降はノンストップで走り続けながらビールを飲むと言う、頭のおかしなイベントがあるんです。

 

僕も参加した事があるのですが、ビールと電車の揺れでとにかく酔うんですよね(笑)

(酒が強い人は気にせず楽しめると思いますが)

 

 

そんなビール電車にオイモは乗り込んだのです。

序盤から調子に乗って酒を飲みまくるオイモ(酒弱いくせに)

 

 

トイレ休憩が終わった後くらいに、尿意を感じたそうです(笑)

トイレ休憩が終わった直後の尿意程ヤバイものはない。

 

しかも路面電車はノンストップだ。

まさにアンタッチャブル。

 

スポンサーリンク



尿意から数分後

 

数分前に感じていた尿意。

 

 

気のせいなんかではなかった。それは本物だったのだ。

 

 

微妙だった尿意は、しっかりと成長していた。

オイモの下腹部を【陽気なお寺の住職がリズミカルに鐘を鳴らすかのように】大きな警告音を放っているのだ。

 

 

ワーニンワーニン。緊急事態。

 

本来は楽しい飲み会だと言うのに、こんな顔になっていたそうだ↓

 

 

 

も、もれちゃう こぼれちゃう。

 

と、まるでジョジョの第三部、ダービーとジョセフの【グラスとコイン】ゲームの時のように、

プルプル振るえて、「もれちゃう こぼれちゃう」って状態になっていたのだ。

 

 

さらに電車の揺れがオイモを責める。

そして上司からビールを勧められる。

 

「もうタンクの容量は満タンなんだぁああ!!!」

と叫びたい状態のオイモ。

 

まさに地獄の責め苦。

 

路面電車の中心で尿意を叫ぶ

 

 

も、もう駄目だ。

 

オイモは覚悟を決めたらしい。

 

なんと、オイモは自分の股間にワザとビールをこぼし、その隙に、そのまま漏らしてしまおうと考えたらしい。

(どんな精神状態なんだよw)

 

マジかよ!!! そんな馬鹿なwww

 

俺もウンコは漏らした事がある!!(その話はこちら

しかも一回じゃない!

 

 

しかし、社内の人に囲まれた中の放尿はまずいだろww

 

どんだけ自由なんだよw

 

 

しかも、こぼしたら、気を利かせて誰かが拭きにくるかも知れないw

拭いてるのに、股間から次々と液体が染み出てくることになるww

 

まるで温泉の様に、ガンガン湧いてくるのである。

「あれれー? 全然拭けないよー?」とコナン君なら言うであろう。

地獄のショータイムになってしまうw

 

 

しかもな。

漏れる寸前の小便の量はマジで半端ないのだ。

 

ペットボトル一本から溢れそうになるくらいなんだと俺は記憶している。

(その時の話はこちら)

 

約1分は出続けるだろう。しかも一度出たらもう停める事など出来ぬ。

 

【媚びぬ、退かぬ、かえりみぬ!】とラオウの様な精神で出続けてしまうだろう。

 

 

しかし、オイモには他の選択肢はなかった……。

(なんで漏れるって言って途中下車しないんだよw)

 

 

結果、オイモがビールを股間にこぼそうとした瞬間、ビール電車は無事に豊橋駅に到着。

 

オイモは何とか難を逃れたのだった。

しかし、路面電車から降りてからトイレまでの歩行はさらに地獄だったと言う。

 

よく頑張ったなオイモ。

 

以上ドスケンでした(^^)/

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.