初めてバリウムを飲んだ!辛い?検査時間は?ゲップは?下剤は必要?

2018/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は会社の健康診断でした。

普段は社内で簡易的な健康診断をやるのですが、ある程度の年齢に達すると、

病院にて本格的な健康診断をするようになるんですよね。

 

そして僕は、ある程度の年齢に達してしまったと言う事なんですよね。

くっそが!!!!

これから毎回病院にて健康診断じゃ!!!

でも一年に一度くらい、しっかり診てもらった方が良いよね!

スポンサーリンク




 

 

初バリウム

 

今までの健康診断で無かったのに、本格的な健康診断で登場する物の筆頭と言えばバリウムです。

 

バリウムについては「バリウムは辛い」「くっそマズイ」「強烈ぅ!」

 

等、恐ろしい事ばかりをオッサン、オバハン共から聞いてきました。

四文字の漢字で表すと、【阿鼻叫喚】です。

 

そして、ついに、僕の初バリウムの時間がやってきたのです。

 

恐怖で若干緊張します。

が、男たるもの引き返す事など出来ません。

 

バリウム開始!!!

 

まず、診察台みたいな所に立たされ、

炭酸の粉とコップ半分くらいの水を渡されました。

 

「炭酸で胃を広げます。飲んだらゲップをしないように頑張って下さい」

 

「どう頑張るのか分かりませんが、やってみましょう」

 

俺は炭酸の粉を口の中に入れ、水で流し込んだ。

 

 

うっ!

 

飲んだ瞬間、ゲップが出そうだ!!!

こんなにも速攻で来るのか!!!

 

俺は口を閉じ、医師の言う通り頑張った。

 

初の試みだが、耐える事が出来た。

 

 

ドラゴンボールで言えば、未来から来たトランクスである

「耐えて見せるっ!!!」

 

 

そして、その後、バリウムの登場である。

なんか量多くね!?

 

感覚的には500mlのペットボトルの2/3くらいの量あるぞ。

 

これが不味い不味いと数多のオッサン共にディスられ続けている飲み物か。

 

飲んでやるぜ!!!




バリウムの感想は

 

飲んでみた感想は……。

 

そんなにマズイか?

と言った感じであった。

 

理由は分かった。

 

僕はプロテインを昔から飲んでいる。

 

感覚的には大豆プロテインに似ている。

大豆プロテインの乳製品バージョンって感じかな!

 

ってか大豆プロテインの方が不味い気がする(笑)

 

バリウムやった事ない人が、どんな物か練習したいなら大豆プロテイン飲んでみれば良いと思う。

 

検査開始

 

診察台がグイーんと傾き、頭が下に向いたり、色々な方向にアクロバティックに動く。

 

そして医師からマイクで指示が飛ぶ。

 

「右回りに三回転して下さーい」

 

凄い指示だ。

俺は柔術の時に培った体移動で、ぐるぐるぐると回転した。

 

 

「顔と体を少し左に傾けて下さい」

 

はっ!!!

「そこで息を吸って止めて下さーい!!!」

 

「右回りに二回転して下さーい」

 

「斜め右に向いて下さい」

 

等と、凄い指示が飛ぶが、着実にこなしていく、しかもゲップを我慢しながらだ。

 

所要時間は?

 

結局バリウムを飲んでから、アクロバティックに動いて終わるまでの時間は15分程だったと思う。

ただ、ゲップをしたりすると、バリウムの見直しになったりして

もっと時間がかかる事であろう。

 

検査後、下剤は必要か?

 

バリウムを飲んだら、腹の中からバリウムが中々でない人が居ると言う。

それも数多のオジサン、オバサンから聞いてきた。

奴らは人を脅す事が好きなようだ。

 

俺も少し心配になっていた。

 

一応帰りに下剤をくれたが、俺は数時間後にトイレに行ったときに、真っ白な液体がドカンと出たので、

即バリウムが出て行った用だ(笑)

心配して損したw

 

バリウム検査をやってみた感想

 

そんなに不味くもなかったし

ゲップも我慢できた。

検査後にバリウムもすぐ出た。

 

結果、僕にとってはバリウム検査なんて恐れる事ないものだった。

 

バリウム検査が恐くて、この記事を読んで居る人よ、恐れずにチャレンジしてみよう。

 

以上ドスケンでした(^^)/

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2018 All Rights Reserved.