通帳の銀行印がどれか分からない!三菱東京UFJ銀行で確認してきた。

2017/11/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

今回は銀行印のお話です。

 

スポンサーリンク




僕は自動引き落としで毎月数万を自動的に貯金しているんですが、(イッツ オートマチック!!)

その設定を10日にしていたんですよ。

会社からの給料振り込み日も10日なんですよね。

 

 

いつもは、会社給料ふりこまれーの

→引き落とし!

 

って感じで、同じ10日でも上手く行ってたんですけど、

今回は会社の振り込み時間が遅かったのか、自動引き落としが出来ていなかったんですよね。

 

 

なぜなら、僕の給料を振り込まれる口座には、残金が全くないからです(笑)

 

ふざけんな!!!!

 

 

 

残金は常に一万切ってますから、会社の給料が遅れたら、当然吹っ飛ぶんですよ。

 

毎月給料日に一気に引き下ろして記帳して、生活費とか投資とかに分配しているので、そうなってしまうんですよ。

 

ちょこちょこ引き下ろすと、お金をいくら使ったか分からなくなってメダパニ状態になってしまいますからね。

 

ぱにぱに!!

 

 

まず最初に思ったのは、うちの会社大丈夫か?

って事ですよ(笑)

 

 

その次に思った事は、最低でも5万は口座にあるようにした方が良いかな、と言う事でした。(社会人なのに、すごい少ない数字ですが(笑))

 

JAFの年会費とか、予想してなかった伏兵に残金をマイナスにされた事もありますからね(笑)

 

くそがぁあああああああ!!!!!

 

 

 

でも、とりあえずは自動引き落としの日付が10日ってのがヤバイよな。

と思い、引き落とし日を後ろにズラす事にしました。

 

土曜が10日の場合、うちの会社は振り込みが月曜になってしまい、13日になるので、11日、12日、13日にしては危険度は変わりません。

なので15日にしました。

 

 

で、今日銀行に行くことにしたんですが、

 

届け印が、どれか分からない。

これはマジでヤバイ。

 

 

僕が所有しているハンコは5つあるんですが、どれを届出印として使用したのか、さっぱり覚えてないんですよね。

なんせ作ったのは10年以上前です。

 

もう、むしろ拇印にしてくれよ!!!!

 

僕は全てのハンコを持ってUFJ銀行へ向かいました。

 

UFJ銀行へGO

 

銀行に到着すると、すぐに警備員みたいな人が近づいてきました。

古(いにしえ)の老戦士って感じの男性でした。

 

老戦士は言いました。

「どうされましたか?」

 

 

「自動積み立ての日にちを後ろにズラしたいんですが」

「はい」

 

いにしえは、僕の為に待ち受け番号の券を発行してくれました。

「この紙を記入してお待ち下さい」

 

さらには変更届けの用紙を直ぐに差し出しました。

 

ただの警備員ではない、もはや古(いにしえ)の接客業だ。

 

 

 

僕は老戦士に感服して記入を始めた。

 

 

10分後。僕の番が訪れた。

 

 

銀行印判明

 

僕の担当になった40歳前後の膨らみ気味の女性に説明する。

 

「届出印が、どれか分からないんですよ」

「では、こちらに押してみて下さい」

 

もっているハンコ全てを紙に押す。

 

そしてパソコンで照合を始めたところ、すぐに届出印が分かった。

 

「すいません、メモさせて下さい」

「どうぞどうぞ」

 

ダチョウ倶楽部の芸のように進められた。

 

 

僕は二度と忘れぬように、スマホにメモを取った。

 

そして無事に引き落とし日の変更も完了!!!

 

届出印がどれか分からなくなっても、ハンコを持ってさえいれば意外と大丈夫なんだなと思いました。

みなさんは、そんなことないと思いますが(笑)

 

ドスケンでした。

 

金を振り込もうとしたらATMが故障して大惨事になった話はコチラ

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.