料理が全然出てこない。いつまで待つ?余計な事をする焼き肉屋!

2018/02/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

先日ですね、キョガイトって友達と飯を食っていたんですよ。

 

キョガイトってのは大学時代の友人で、

身長が153cmくらいで体重36キロのゴブリンみたいな奴なんですよ。

ガルルルル。

 

何をやってもゴブリンクオリティな彼は、何かと面白いんですよね。

 

 

 

で、そんなゴブリンと飯を食って居たときの会話です。

スポンサーリンク




150x150xrestaurant-150x150-png-pagespeed-ic-ubaidpzht_

 

 

 

 

 

キョガイトの話

 

「この間、親父がレストランでキレたわ」

キョガイトが話を切り出して来たんですよ。

 

「は? 親父さんが? どうしたの?」

 

「あのな、親父がレストランでラーメン餃子を頼んだんやけどな」

それ、絶対レストランじゃねーだろ!

と思いましたが、黙って話を聞くことにしました。

 

「ラーメンはすぐ来たんやけど、餃子が全然出てこないんや」

 

いや、それ絶対レストランじゃねーし!

 

気になって話があまり頭に入ってきません。

 

「全然餃子が来ないから、親父はキレて、席を立ったんや!」

 

おぉ! 文句を言いに行ったのか?

 

「で、レジに行って、餃子来ないから、もう帰るわ! って叫んだんだよ」

「え、餃子の金は?」

 

「もちろん払ったで? それでラーメン屋から出たんや」

 

 

めっちゃ良い人じゃねーか!!!(笑)

ってラーメン屋になってる!!!!!!!!!!

 

 

まぁそんな話を聞きまして、自分の事を思い出したんですよ。

 

今度は僕の話

 

あれは、僕がまだ音楽をやっていた頃。

友人宅でレコーディングを済まし、焼き肉を食べに行くことになったんですよ。

 

どこにでもあるような普通の焼き肉屋でした。

 

僕は、肉のセットと、サンチュ、ご飯を頼みました。

 

僕、サンチュが好きなんですよ。

 

肉とサンチュを一緒に食べたいんですよ。

 

チュッ。

 

30分後

 

何も来ないんですよ。

 

肉って、冷蔵庫から、ただ出すだけじゃないんかい!

今から牛を捕まえに行ってるのかよ!

 

とか友人と、少し笑いをまじえながら話いましした。

 

まだ、気持ちに若干余裕があります。

 

気持ちの余裕って大事ですよね。

 

さらに10分後

 

何も来ないんですよ。

 

若干イライラしている所に、店員が来ました。

 

やっと来た!

店員の手にはライスがセットされておりました。

 

「大変お待たせ致しました」

僕の目前に、ライスが置かれました。

 

店員は去って行きました。

 

え?

ライス

のみ!?

 

僕の怒りの炎は、導火線へと点火されました。

 

いや、すぐに、すぐに肉が来るはずだ……。

 

そう思って居ると、すぐに店員が来ました。

 

願いは通じた!!!

 

「お待たせ致しました」

 

僕の目前にサンチュが置かれました。

 

ライスとサンチュのみ!?

 

願いは砕かれた!

 

皆さんの予想通り、僕の心に完全に火がつきました。

 

点火。

 

「ふざけんなぁあああああああああああああああ!!!!!!」

 

この後、どうなったかは書きません、想像して下さい。imagine.

 

 

 

くっそぉおおおお!!

店員としては、少しでも待たせないように急いで持ってきたと思うんですよ。

米とサンチュを。

 

これが、サラダなら良かったんですよ。

 

しかし、サンチュをオカズに米は無理だろ!!!

 

どんだけ米好きやねん!!!!

極楽とんぼの山本かよ!!

 

しかも、肉を待ってる間に米がどんどん冷めてくるんですよ!

余計な事をーするなぁあああああああああ!!!!!

 

 

てな感じの事を思い出したので、書いてみました。

 

以上ドスケンでした。

 

皆さんも、余計な事をして、相手の怒りを増幅させないように気をつけて下さいね!

 

(完)

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2016 All Rights Reserved.