96時間の主人公、最強の親父が笑える【映画感想ブログ】

2018/08/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

映画の紹介をします。

タイトルの通り96時間を見ました。

96時間観たわけではありませんよw

96時間ってタイトルの映画です(^^)/

 

96時間

 

今まで全然知らなくて、名前すら聞いたことの無い映画だったんですが、調べて見ると、全米初登場1位、9週間連続トップ10入りを果たした映画でした。

 

凄いじゃないのっ!!

僕の勉強が足りないだけでしたね。

 

これです↓

 

 

96時間の感想

 

親父に嘘をついて海外旅行に出かけた娘と、娘の友達が誘拐され、

それを元工作員の父親が救うという物語。

 

小さな小さな情報から犯人達を追い詰める父親が凄いです。

 

旅行先のパリのパリホテルのトイレに居る娘と電話中

娘の友達が誘拐されるのを目撃し、パニックになる娘。

 

 

「いいか落ち着け。まずベッドまで行き、ベッドの下に隠れるんだ」

ベッドルームに行き隠れる娘。

「隠れたわ」と少し安心する娘に

「いいか、オマエもこれから、さらわれる」

恐ろしいことを堂々と言う父親。

 

「だから携帯を通話のままにしておいて、さらわれるまでの間、連中の特徴を叫び続けろ」

 

そして実際に、さらわれる娘。その間、手にタトゥー!と特徴を叫びます。

 

 

こんな状況で冷静に指示を出す親父が凄すぎます。

 

そして、怒りに満ちてパリへ向かう親父。

 

ここから怒涛の追跡劇が始まる。

 

 

96時間以内に見つけないと、人身売買されてしまい、娘を奪還するのは不可能。

コナンばりの推理と、ヒュージャックマンばりの戦闘力。

 

とても恐ろしい映画ですが、とても面白いです。

 

親父は容赦なく銃を撃ちまくります(笑)

爆発力が凄いです。

マジで容赦がないです。瞬殺です。

 

96時間まとめ

 

俺もこんな最強の親父になりたい。

もっと鍛えなくては。心も体も。

自分の愛する家族を守れる可能性を1%でも高めるのだ!!

 

ドスケンでした!

 

 

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)*工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2017 All Rights Reserved.