ぼくらの七日間戦争はもっと評価されるべき!【映画感想ブログ】

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は映画の感想を書いていきますYO!

スポンサーリンク



 

Amazonプライム最高

 

僕は、Amazonのプライム会員なので、Amazon Fire TVを使用する事により、

映画とかアニメとかが見放題の環境なんですよ。

 

 

↑これですコレ。

 

たったの年会費3900円で、プライム商品の送料無料になるわ、映画もアニメも見放題だわ、Amazonって凄いですよ本当。

 

レンタルビデオ屋は

間違いなく潰れまくるんじゃないでしょうか?

 

で、Amazon fire TV で月に何本か映画を見ているんですが、先日、ぼくらの七日間戦争って映画を見たので、その考察をしようと思います。

結構有名ですよね? でも見たこと無かったんですよね!

 

ぼくらの七日間戦争 大筋

 

ざっくりと大筋を説明すると、

規則が超厳しい中学校が物語の舞台。

 

 

毎日毎日、生徒たちは先生に荷物を取り上げられたり、叩かれたり、凄まじい酷い説教をされたりしていまして、

数名の生徒の怒りが爆発して、数名の男女が食料や生活用品を持ち出し、家出をし、工場の跡地に立てこもると言う話です。

(僕が居たら間違いなく一緒に立てこもります。むしろリーダーシップを発揮して立てこもります)

 

めっちゃ楽しそうでワクワクしますよね|д゚)

 

 

数日後。先生や親に居場所がばれて、工場の跡地に攻めてくるんですが(マジで攻め込んでくるw)、爆竹や、消火器など、様々なトラップで追い返し、

挙句の果てには、工場の跡地にあった戦車に乗って暴走し、警察と戦うというブッ飛んだハードな内容になっております(笑)

(なんで戦車があるんだよ)

スポンサーリンク



ぼくらの七日間戦争の感想

 

で、これを見ての感想なんですが、

主人公が中学生なので、もちろん中学生視点で描かれた物語になっており、感情移入して見られるようには作られているんです。

 

が!

 

それにしてもですよ。多少先生側の言い分もわかる処もあるんですが、ほぼ確実に生徒寄りなんですよ。僕の応援って言うか、見方が。

 

うぉぉ!!! なんてムカツク教師なんだ! やっちまえ!!!

 

とかってなるんですよ(笑)

 

って事はですよ。

僕の精神年齢って、中学生かオッサンかって言ったら確実に中学生ってことになるんですよ(笑)

 

子供の頃は、親に

「あんたも親になれば分かる」とか

「大人になれば分かる」とか、言われた経験があるんですけど、

僕って未だに親になっても分からないっていうか、子供の言い分が正しいんじゃねーの?

って思うことが多いんですよ。

 

なので、子供にとっては、そういう意味では良い親になれるかもしれませんね(笑)

 

話は少し反れるんですが、

子供に勉強させたいなら、親が勉強してないといけないと思いますし、勉強する理由を話せないといけないと思いますよね。

 

話を元に戻しまして、

 

良い作品に触れる事って、色々な事を考えらえて刺激になりますよね(^^)/

是非とも、この映画を同年代の人に見て頂いて、僕と同じような感情になるかを聞いてみたいですね(笑)

 

以上、ドスケンでした(^^)/

 

 

Amazonプライムに加入後、映画を観る為のアイテム↓

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常 , 2016 All Rights Reserved.