とんでもない履歴書で採用されたバイトメンバー【名古屋の面白い実話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

本日は僕が学生時代の頃に働いていた99円ショップ(すべてが99円のコンビニ)

での珍事件について書いていきますYO!

 

今は亡き99円ショップ!!

思えば当時から無茶苦茶であった。

そら潰れるわ!!

 

では行きましょう!!

スポンサーリンク



99円ショップで働く事になった経緯

 

僕は名古屋の金山駅のすぐ近くの99円ショップでバイトをしていた。

そのバイトを始める前は、6~7回連続でバイトの面接に落ちると言う、ふざけた経歴を持っていた(笑)

 

ティッシュ配りのバイトすら落ちた人なんて、俺以外居ないんじゃないだろうか。

失意の中、新規オープン店のバイト面接に応募した所、軽い面接だけで即採用!!

 

名古屋の店で二週間程の研修を経て、金山のオープン店にて働く事になったのだ。

全員が同期なので先輩が居ないという最高のシュチュエーション。

 

俺は雇ってくれた恩義もあり、頑張って働いていた。

 

スポンサーリンク




 

深夜のバイトメンバー

 

僕の仲の良いメンバーで、深夜の兄貴と呼ばれる人が居た。

当時31歳くらいだったと思う。

 

いかにも元ヤンって感じの人で、手には根性焼きの跡があったり、前歯が一本無かったりした。

 

しかし、とても気さくで優しく、時間にもきっちりしており、遅刻したことなどなく、真面目に働いていた。

 

深夜の兄貴は、「今周りにいる友達を大事にしろよ」とよく言っていた。

 

俺は深夜の兄貴が大好きだった。

 

 

履歴書を見てしまった

 

ある日の事、店長を呼びに店長部屋に入った所、

履歴書の山が置いてあるのを見つけた。

 

その中には、俺の履歴書もあった。

 

履歴書の整理でもしてたんかな?

 

 

はぁっ!?

 

 

俺はとんでもない物を見てしまった。

 

こ、これは深夜の兄貴の履歴書。

 

履歴書なのに、満面の笑みで写っている!!(笑)

もちろん、歯は無い!

 

しかも、タンクトップ着てるぅ!!!!!!!!

 

 

履歴書にタンクトップって!!!

 

マジかよ、この人!!!

 

タンクトップで満面の笑みで歯抜けを披露している写真。

 

これで面接に受かるとは……。

 

なぜ俺が面接に受かったのか、少し分かった気がしたのであった。

 

(結果的には真面目に働いていたし、良い採用をしたと思う、グッドジョブ)

スポンサーリンク



 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常+α , 2018 All Rights Reserved.