狂った友人の行動。一体何を考えてるんだ①【超笑える実話】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

これは俺が20歳か21歳の時の話である。

世にも奇妙な実話であーる。

気づいている人も居るかもしれませんが、僕はネタに困ると過去の話を掘り返すのです。

ではどうぞどうぞ!

スポンサーリンク



【物語の始まり】

 

「ドスケン、名古屋に住んでるんだよな? 行って良いか?」

 

物語は一本の電話から始まった。電話の相手はティー。

中学時代の危険な同級生だ。

 

「あ? 良いけど、お前は今何処に住んでんだっけ?」

 

「俺は今東京だよ今」

 

なぜ今と二回も行ったのかはさておき、こいつは東京に住んでやがるのか。

 

「そうか、いつ来るの?」

 

「次の土日で良いかな?」

 

次の土日は、たまたま用事が無く、フリーだった。

 

「はいよ。気をつけてなティー」

 

俺は電話を切った。

 

ティーか。久しぶりだな。

ティーは色黒で痩せていて、まるで2PACみたいな雰囲気を醸し出している男だ。

中学時代から凄まじい行動力が狂気に満ちていた男だった。

 

 

しかし、なぜティーは今頃俺に会いにくるのだろう?

 

何か嫌な予感がしたのを俺は感じ取っていた。

 

奴が名古屋にやってくる

 

土曜日の朝。快晴。

俺はティーを迎えに金山駅まで足を運んだ。

移動手段は徒歩だ(まだ車を所有していなかったため)

 

すぐにティーは現れた。

 

「よードスケーン!」

 

あの黒さ。

あの細さ。

 

間違いなくティーだ。

 

「よう、長旅ご苦労さんティー」

 

「とりあえず、疲れたから荷物おろしたいし、アパート行って良いか?」

 

「断るには勇気がいるな。良いだろう」

 

俺たちはアパートへと歩を進めた。

スポンサーリンク



コンビニでの奇怪な行動

 

「ちょっとコンビニだけ寄って行こうか」

 

俺の天才的提案で、二人はコンビニに寄る事となった。

 

すると、冷凍食品を見て、なぜかティーが騒ぎ出した。

 

「これ買おう!! マジで買おうよ! うまいよ!」

 

Tが指さしていたのはタコ焼きだった。

俺はタコ焼きは好きだが、冷凍のタコ焼きは……。

 

 

「それ本当に美味いのか?」

 

「美味いよ!だって明石のタコ焼きって書いてあるじゃないか! 明石はタコ焼き美味いだろ!」

 

「いや、コレを食った事あんのか? ティー!」

 

「ん? ないよ!!! でも明石はタコ焼きだろ!!!」

 

 

なんだコイツ?

 

 

「じゃあ買えよ?」

 

と俺が言うと

 

「いや、俺はタコ焼き好きじゃないからさ。そんなにねっ!!!」

 

とティーは笑顔で答えた。

 

ちょっと待て。マジで何なんコイツ!?(笑)

 

 

無視して適当に食材を買うと、ティーが突如叫び始めた。

 

「ヤバイ! 金がなくなった! お金が!!! まぁ良いだろう!! 明日おろそう!!!」

 

何で心の中で言うべき言葉を大声で発生するんだコイツは?(笑)

 

 

続く(明日書くねっ!)
スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常+α , 2018 All Rights Reserved.