粉瘤の手術してきた!痛みは?時間は?豊橋市民病院でオペ!

   

ま! 昨日まで絶食をしていたドスケンです。

今日は普通に食べました(^^♪

 

なんと、今日は豊橋市民病院で腕の粉瘤の手術をしてきたんですよね。

つくづく粉瘤に悩まされている男だぜ。くそったれが。

 

スポンサーリンク



 

今までの経緯もブログに書いていますので、そちらから見た方が分かりやすいですYO

 

豊橋市民病院へ

 

本日の14時から手術の予約を入れていたので、かなり余裕をもって市民病院へ

遅刻=クズと思っている僕は13時には到着していました(笑)

 

さすがに早すぎるW

 

しかし受付を済ませて手術室の前で待機していると。

 

13時40分くらいに呼ばれました。

ナイス!! 多分俺の無言の圧力が伝わったんだ(気のせい)

 

そして、体温と血圧を測って手術の準備。

 

ここに来る前までは、楽勝楽勝。なんなら麻酔無しでやっても良いぜベイビーとか思っていましたが、完全に手術室やんここ。

 

思ってた雰囲気と違うw

 

そして先生も、凄い防護服WWW

 

本当のオペみたいだ!!!

 

 

先生自体も。「ここなら腹の手術くらいなら出来そうだな」と言っていました。

僕と同じ年くらいに見える先生だけど、凄まじく稼いでるんだろうなチクショウ(笑)

スポンサーリンク



粉瘤手術開始

 

粉瘤の位置にペンでマーキングし、消毒液を塗ります。

手は、手術する部分だけ穴が開いてる布をかけられ、手術感がアップしています。

 

なにこれ、こわい。

 

先生が手袋を装着。

看護師が後ろからエプロン(みたいなやつ)?

を先生につけます。

 

鼻の下につけるっぽいのですが、先生の眼鏡に思いっきり直撃しています。

 

「ちょいちょい、もっと下だよ。コントみたいになってるから!!!」

 

ってなやりとりもあり、少し緊張が和らぎました。

 

「麻酔打つからチクっとするでね」

麻酔の注射です。

 

結構な痛みだけど、我慢はできます。

手首の横らへんで、注射打ったことない箇所なので、痛く感じるのかな?

麻酔を入れる時もきゅいいいーんって痛みがありました。

 

続いて二発目、三発目と麻酔注射を刺しました。

 

二発目以降はすでに麻酔が効いてるので痛くありません。

ここまでくると無敵です。

 

「指先は動く?」

そう聞かれて動かしてみる。

「大丈夫です」

 

「これは痛い?」

何をしているのかは全く分かりませんが、痛くない

「痛くないです」

 

「では切っていきます」

 

こぇえ!!!

 

絶対見れない(笑)

 

見れる奴は頭がどうかしてるぜ!!!

 

「それが普通の感情だと思いますよ」

と先生も言ってました(笑)

 

ジョキンジョキン!!!

 

とハサミのような音が聞こえてくるのが恐い。

何を切ってるんだろうW

(粉瘤だろ)

 

そして五分後くらい。

きれいに取れた粉瘤を見せてくれました。

 

一度でも潰れていたりすると、きれいに袋ごと取れないそうです。

 

「粉瘤の袋以外は一切切ってないでね」

 

と頼もしいコメント。

 

それから五分くらいかけて縫いました。

 

五針縫ったと言っていましたが、見てみると三針でした。

見えない二針があるのかな?

 

まぁ1cmくらいの小さな傷です。

気にしません!!

 

「良性の腫瘍(粉瘤)だけど一応検査しとくね」

 

と言われ、「良性と悪性って、どんな所が違うんですか?」と聞いてみました。

 

「悪性の腫瘍は、周りの筋肉や脂肪に広がって浸食しようとするから境界線が分かりにくい。キレイに個体として取れるって事は良性の場合がほぼだよ」

と分かりやすい回答を得ました。

 

「でも良性でも大きくなっていく事が多いから、小さいうちに取った方が傷跡は小さくて済むよ。うちは繰り抜き法はやってないけど、このサイズなら大して変わらないと思うよ」

との事。

 

腕の傷なんて気にしないので、大きくても僕は構いませんけどね(笑)

ケロイドになるのはちょっと嫌ですけどね。

粉瘤手術まとめ

 

●所要時間は二か所で30分以内

(ただ、初診から抜歯までを考えると、トータル12時間くらいはかかりそうwなんてったって市民病院は待ちが長い。今日は1時40分から始まって会計終わったのが3時30分くらいでした。初診の時は半日コースです)

●痛みは無い。麻酔の注射のみ痛い

●傷跡はまだ分かりませんが、縫っているので、残ると思います。気になる人や顔の手術する人は形成外科行った方が良いかも?

 

 

以上、ドスケンでした(^_-)-☆

スポンサーリンク



 

 - ドスケン日記 ,