中学時代 最低の先生を紹介。昔はこんな暴言教師が居たんだよぉお!!

2018/04/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

本日朝の九時からジムにてトレーニングをしてきました。

未だに背中と腕がパンパンで力が入りにくいでございます。

でも関係無しにブログを更新していきます(^^)/

 

本日は中学時代の話です。

俺らが中学の頃って、とんでもねー先生が沢山いたんだよね!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

では書いていくぞ!!

スポンサーリンク



 

中学時代最低の先生

 

中学の時。

ミスターオクレにそっくりな先生が居た。

何の科目の先生だかは忘れたし、本当に先生なのかも怪しいようなヤツだったが、確かにミスターオクレは中学に存在していた。

 

 

テレビに映し出されるミスターオクレは面白いが、現実世界に突如として舞い降りたミスターオクレは、ちっとも面白くない。

 

まさにオクレそのものの顔に、サングラスをかけているのだ。

 

教師がサングラスという、謎の光景だったが、こいつはなぜか普通に溶け込んでいた。

 

そして、生徒の事を信用せず、しつように疑う思考回路の持ち主。

 

まさに二重の意味で生徒を色眼鏡で見ていたのだ。

 

ミスターオクレの特徴は、生徒にキレる事だ。

 

そして三年生にだけはキレない。

 

きっと多分何かやられたんだろう。

しかし、一年生と二年生には容赦ない。

 

そんな先生の話だ(笑)

スポンサーリンク



 

廃品回収のイベント

 

ある日。土曜だか日曜だかの休みの日に、廃品回収を手伝うと言う鬼畜じみたイベントが盛大に執り行われた。

なぜ中学校はこんな事をするのか。

今でも分からない(笑)

 

俺と友人のヤンジュは二人で雑誌を集めていた。

「なーん!! 雑誌なーん!!」

とヤンジュは叫んで集めていた。

 

そして集めた雑誌を廃品回収のトラックの所へ持っていく。

 

そのトラックの荷台にはミスターオクレが立っており、偉そうに命令をしていた。

何様だWW

 

 

俺とヤンジュは真面目に働いていると、トラックの荷台にめっちゃ面白そうな本を発見した。

 

それは当時テレビで毎週やっていたグースバンプスという短編ホラーの本だった(笑)

(めっちゃ面白くて1話完結なんだよ。マジで再放送して欲しい)

 

「え、これ本なんてあるのかよw」

「すげぇ、欲しいなーん!!!」

俺とヤンジュはすかさず、その本を手に取った。

どうせ回収されるのだ、貰ってしまえ(笑)

 

 

俺とヤンジュは近くの草むらに、その本を隠す事にした。

 

「おっけー! ここならバレないだろ」

「頭良いなドスケン! 後で読もうぜ!なーん!!」

 

ミッションを成功させ、俺らは仕事に戻った。

 

すると、ミスターオクレはこちらを睨みつけていた。

 

「お前らなぁー!! 漫画隠しただろぉ!? あ!? 分かってんだぞ!?」

 

「隠してません」(漫画ではない)

 

「なーん!!!」ヤンジュも叫んだ。どういう意味なんだろう(笑)

 

「探せば分かるんだからな。俺は見てたんだ!!!!」

 

ミスターオクレは荷台から飛び降りた。

着地に失敗しろっ!!(笑)

 

オクレは草むらを念入りに探し始めた。

 

くそっ、あの野郎。分かっていながら注意せず、実際に隠してから探しだすなんて、なんて嫌な野郎なんだ。

泳がせやがってWW

 

 

数分後

「くっそぉおおお!!!!!」

 

ベジータがよく叫びそうなセリフをミスターオクレが叫んでいた。

 

あのアホは、隠した本を見つける事が出来なかったのだ(笑)

 

真っ赤な顔をしてこちらに走ってくるオクレ

「どこに隠したんだ貴様らーっつ!!!!」

 

なにこいつ?

 

俺らは本を拾って帰った。

 

グースバンプス面白いWW

 

調べたら映画化されてたんですね(笑)

 

以上ドスケンでした(^_-)-☆

明日も見てねー(^^♪

 

スポンサーリンク



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常+α , 2018 All Rights Reserved.