ジムで起きた凄まじい出来事。やりやがったな、あの野郎!

   

ま! 最近俺はジムに通っている!

その事を何度かこのブログで書いているっ!!!

俺の行く所に事件在り!!

 

最近、ジムで、凄まじい出来事が起きたのだぁ!!!

スポンサーリンク




 
 

ジムに行くメンバーの変化

 

もともと俺は後輩のマサオと言う男とジムに通っていた。

何を隠そう、後輩マサオがジムを俺に教えてくれたのだ(家が近所)

 

 

しかし、後輩のマサオは身も心もファットな男なので、すぐにジムをサボろうとするのだ(笑)

後輩を無理やり付き合わせるのも悪い。

 

 

そこで俺は友達である鼻の穴が哺乳類の中で一番黒い変態男、オイモをジムに誘ったのだ。

 

 

一緒に行くと、オイモはジムを大層気に入り、【毎週金曜はオイモとジムへ行く】という、行動パターンが定着していた。

 

しかし、こいつは俺のパワーにはついてこれず、全力でペアを組めるパートナーでは無かったのだ。

そして臭い。

 

しかし、金曜は、オイモと楽しくジムへ行っていた。

 

 

楽しくはあったが、ハードな俺は仲間を増やそうと、中学時代最強の男、ヤンジュにも声をかけた。

 

 

一度ジムへ一緒に行くと、ヤンジュもジムにハマり、ジムへ通う決意をしたのだった。

(12月末)

 

その決意はすさまじく、金を使いまくり、ウェアや、ベルト、グローブなど、一気にAmazonで買いそろえてしまったのだ(笑)

 

そんな矢先、俺が頭を怪我。

しばらく動けなくなってしまう。

(MRIを撮りに行くレベル)

その話はこちら。

 

もちろんジムなんて行けるハズもなく。

三週間くらいイケナイ状態。

 

まさにイケナイ男♡

 

 

ヤンジュはその間、一人でジムへ行っていたらしい。

オイモの方は俺が怪我をしてから、ほぼ連絡をよこさず、不通となっていた。

 

そして時間は経った。

時は満ちた。

 

俺は頭が回復したので、ヤンジュに連絡し、早速トレーニングを再開した。

 

俺が復活すると言うことで、ヤンジュの後輩も一緒に現れた。(教えてもらいたかったらしい)

このヤンジュと、ヤンジュの後輩の気合と筋力が凄まじく、俺も本気を出してトレーニングできる最高のメンバーとなったのだ。

(このメンバーで筋トレするのは水曜か木曜、それと日曜)

 

 

最初はマサオ、そしてオイモと来て、俺はついに最高のパートナーを見つけたのだ。

 

しかし、やる気のないマサオはともかく、オイモとは楽しみながらジムへ行っていたので、少し悪い気もする。

心優しい俺は、あいつから連絡が来たら、またあいつともジムへ行こうじゃないかと思っていた。(自分からはオイモに連絡はしない)

 

 

そんな事を思っていた水曜日。

 

俺はヤンジュとヤンジュの後輩とジムへ訪れた。

 

 

すると、ファンクショナルトレーナーで俺が二人以上の時に必ずやっている少し変わったメニューをやっている二人組が居た。

 

「お、あれは俺のメニュー?」

 

 

 

「この時に力を入れるんだ!!!」

とか、なにやら指導をしている男がいる。

 

 

 

 

お、オイモだ!!!!(笑)

 

 

「てめーっ!!! 何してんだコラ!!!」

 

「あ、ドスケン」

 

 

なんと、オイモは後輩を連れて、ジムへ来ていたのだ!!!!

 

そして、後輩に指導しているじゃないか(笑)

 

 

俺はオイモの後輩に言った。

「やぁ、初めまして。君は師を間違えたな」

「うるせーっ!!!」

 

オイモは大声で叫んだ。

臭っ。

 

 

これには本当にビビった。

オイモは自分に合った優しそうな、ゆるいパートナーを手に入れていたのだ(笑)

 

だから俺に連絡をしてこなかったのである。

 

冷静に考えると極悪非道な奴だが、俺は最高の筋トレパーナーを手に入れているので、むしろ良かったと思ったのであった(笑)

 

例えて言うと、別れたシツコイ女の人に、彼氏が出来てて良かったみたいな感じかな?(笑)

 

 

うぉおお!!!

俺とヤンジュとヤンジュの後輩の驀進を誰にも止める事は出来ないぜ!!!!!!

たまにはマサオも誘おう(笑)

 

以上ドスケンでした(^_-)-☆

 

スポンサーリンク




 
 

 - 肉体改造の小話 ,