消化器のレバー握ったら大変な事になったぴょん。面白実話。消火器の粉は白くない

2017/12/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

この漆黒の記憶は俺が中学の時まで遡る。

ブラックメモリー解放!!

 

 

スポンサーリンク




中学時代のある日の事件

 

俺はその日、友人のティーと遊ぶ約束をしていた。

友人のティーとは、2PACと見間違うほど色黒で、ガリガリの身体、まさにシャーペンの芯と言ったらシックリくる程の男だった。

 

「昼ごはんを食べたらティーのアパートへ行くね」と約束をしていた俺は、すごいスピードで食事を済ませて、ティーのアパートへ自転車を走らせた。

 

 

俺の家からは5分。

 

すぐにティーのアパートへ到着した。

 

今日はゲームセンターでストリートファイター2をやるのだ。

ゲームセンターといっても田舎なので、スーパーの片隅にある小さなゲームエリアの事だ。

しかし俺らを興奮させるには十分なんだ。

 

到着と同時に、すぐさまティーのアパートのチャイムを鳴らした。

ピンポーン!!!

 

しばらくしてティーが出てきた。

「悪ぃ、まだ飯食ってる。すぐ食うからちょい待ってて」

 

ティーは扉を閉めた。

 

なんだ、まだかよ。なんて遅い奴なんだ。

発動する悪夢

 

俺はティーの部屋のドアの下方にある消火器のレバーをなにげなく握ってしまった。

なぜか分からない(笑)無意識で握ってしまったのだ。

 

人間は無意識で握る。

俺はそれを学んだのだ。

 

どしゅううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!

 

壮絶な勢いで粉を噴射する消火器!!!!!

 

え!?

 

なぜだ! 安全ピン抜いてねーぞ俺!!!

 

やべぇええええええええええええ!!!!!

どんどんアパートの二階フロアが粉で覆われていく!!!

 

 

とめなくては!!!

 

俺はなぜか素手で粉の噴出口を止めようとした(笑)

人間パニックになると、無茶苦茶な行動に出る!

 

す、すげぇ勢いだ!!!

ぐほぉおお!!!!!

げほほほほほほ!!!!!

 

咳がやべぇ!!!!!

 

全然止めることが出来ない!!!!!!

 

 

俺は無理やり指を押し込んだ!!!!

 

と、とまった!?

 

消火器は全粉を出し尽くしたのだった(笑)

 

冷静に見渡すと、フロアは3cmくらい粉が積もっている。

 

消火器の粉って白くないんだ。

肌色なんだな。

 

とか訳のわからない事を考えていると、ティーの扉が開いた。

 

「えっ!?」

 

ティーは扉を開け、そして扉を閉めた(笑)

 

そして次に扉が開いた時、ティーの母さんが出てきたのだ(笑)

 

「なにこれっ!??」

 

 

俺らは三人でフロアを掃除した。

しかも二階だけではなく、一階も結構肌色に染まっていた。

 

消火器の威力は凄い!!!!

半端ねぇぜ!!!!

 

後日、ティーの家から消火器の粉代の五千円請求の連絡があり、俺は親にめっちゃ怒られたんやでぇ。

 

みんなも気をつけてくれや!!!!

 

ちなみに、三か月後にティーのアパート行った時も、まだ角や隙間には粉が埋まっていた(笑)

俺のコラソン(心)は傷ついたw

 

ちなみに消火器の安全ピンがなぜ抜かれていたのかは分からない。

多分誰かが抜いてやがったんだろうな。

 

以上、ドスケンでした。

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Comment

  1. カリ吉 より:

    畑にやると肥料になる。

    専門家より( ´(00)`)ブヒ

Copyright© ドスケンの笑える日常+α , 2017 All Rights Reserved.