学生に空き部屋を貸すルームシェアでの体験【恐怖の管理人】

      2017/11/09

学生時代の友人の下宿先の話です。

友人にキョガイトという、極小の生き物が居るんですが、この男は、とにかく金が無く、【貧坊ちゃま】みたいな生活をしていたんですよね。

 

友人キョガイトの特徴

キョガイトは身長150cm前後、体重35kg前後、貧乏、三重弁、角刈り……。

などなど、欲張りに沢山の特徴を所有しているんですよね。

 

そんなに特徴いらねーから!

と突っ込みたくなりますね。

 

そんな貧乏なキョガイトですから、当然家賃の高いアパートには住めない訳です。

 

スポンサーリンク




 

キョガイトの住処

 

キョガイトは大学生に余った部屋を貸している、一般人の家に住んでいました。

(デカい家。学生用の部屋が6部屋くらいある。きっと金持ちだねチクショウ)

 

学生に部屋を貸している訳だからさ、子供好きの良い大家なんだろうなーって思うじゃないですか?

 

全然違ったんですよね。

 

ルームシェア物件に住む友人の家を訪ねた

 

大学の食堂で、キョガイトとキタサン(格闘技マニア)って奴と飯を食っていた時の事。

 

キタサンが突然叫びました。

 

「おし! ドスケン! 飯食い終わったらキョガイトの家遊び行こうぜ」

 

「おう、良いぜ、そういや行った事なかったな! 汚そうだよな、コイツの家」

 

「うるさいわ二人とも! 確かに汚いけどな!!」

 

と言う感じでキョガイトの家に行く事が決定しました。

 

 

 

まず家に入るに当たって、当然ですが挨拶をします。

「失礼しまーす」

 

「……。」

 

完全に誰か居るんですよ!

居るのに無視(笑)

 

 

 

なんなんだ、ここの大家(管理人)はww

 

まぁ良い、気を取り直して、キョガイトの部屋へ行きます。

 

「俺の部屋は二階やで! 昔は沢山学生居たらしいが、今は俺と先輩1人だけや」

 

なんだか切ない発言をするキョガイト。

 

そし部屋へ。

 

 

「き、汚ぇえええええええええ!!!」

 

そこには糞汚い部屋がありました。

 

「お、おい、ドスケン見ろよ。バターが床に置いてあるぞ」

 

「なんだ、あの汚いガスコンロはw 中に汚い肉が張り付いてるぞw」

 

 

「うるさいわ二人とも!!! 冷蔵庫もキッチンも使わせてもらえへんのやから仕方ないやろ!!!」

 

 

マジかよ!!!

 

この糞狭い部屋にガスコンロを設置しないといけないのかよ!!!!

 

冷蔵庫ないから、バター地面に置いてるのかよ!!!!

 

地獄! ここは地獄や!!!!!!

 

しかも風呂の時間が21時までと決められており、キョガイトはバイトしている日は風呂に入れないのだ!!!(笑)

 

 

週に4回バイトしてるから、風呂に入るのは週3!!!!

 

 

だから頭から粉を噴いてるんだ!!!!(10年経った今でも噴いている)

 

こいつ、終わってる!!!(笑)

 

ルームシェアの注意点

 

と、まぁこんな感じでルームシェアも良し悪しです。

金が安いのは良いけど、色々制限される事が出てくるんですね。

僕は、こんな家絶対住みたくないですね。

以上ドスケンでした。

 

キョガイトの首にタトゥーを入れる話はこちら

 

スポンサーリンク




 

 

 - 超笑える馬鹿話 , ,