そんな馬鹿な。信じていたモノが、思っていたのと違うモノだった話

2017/05/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

ま! ドスケンです。

何やら重いタイトルですがその通りです。

 

とんでも無い事が起きたのです。

 

天地がひっくり返るような事が。

 

 

Aと思って居たものがBだったらビックリしますよね。

食べ物だと思っていたモノが消しゴムだったら、ビックリしますよね!?

 

女性だと思って居た人が男性だったらビックリしますよね??(経験あり)

 

 

そういう事が起きたんですよ!!!!

そういう事が!!!!

 

何が起きたのか?

 

昨日、僕は元気に仕事をしておりました。

仕事人間ではありませんが、どうせ同じ時間働くなら、しっかり働く、それがドスケンです。

 

魂を売ってはいませんが、日中は真面目に働いております。(たぶん)

 

午前も終わりの頃、僕の可愛い尻に着信がありました。

「ドスケンさん、屁です」

 

ん?

 

「屁が出ますよ」

 

よろしい。

ここは工場だ。音など誰にも分からん! 気にせず放出したまえ。

 

じゅぱん!!!

 

凄まじい炸裂音がし、尻周辺に不快な異変を感じました。

 

屁では無かったのです。

 

半固体の、ターミネータ2の最強の敵みたいな物が出てしまったのです。

 

しばらく立ち尽くしましたが、放心している場合ではありません。

 

僕は急いでトイレに向かいました。

 

敵はパンツのみを撃破。ズボンには到達していない模様。

 

トイレには誰かが入っており、遠くのトイレに行く羽目になりました。

 

僕はトイレにてパンツを失いました。

 

まさかのノーパンズボンで仕事をする事になったのです。

 

もしもチャックが空いていたら大変な事になります。

 

かなり神経を使いました。

 

後輩のマサオとその後、何食わぬ顔で話していましたが、こんな状況だったのだよへへーん。

 

このブログを見て吹いている事でしょう(笑)

 

 

 

小峠さん、使わせてもらいます。

 

 

なんて日だ!!!

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
愛知県在住のイカれたアラサー*\(๑• ₃ •๑)* 工場勤務の最下層から人生楽しみながら這い上がるぜぃ!

Copyright© ドスケンの笑える日常+α , 2017 All Rights Reserved.