俺はプライドの為に死ねるか?(ニューヨーク前夜の誓い)

      2017/04/09

ま! ドスケンです!

 

ニューヨーク旅行前夜のお話。

 

遠足でも旅行でも、行く前が一番楽しかったりする。

そんな話(笑)

 

知ったかぶりのオイモに、完全に呆れた俺は、かなり疲れていた(笑)


 

 

名古屋のホテルへ

 

俺ら二人は、翌日早朝からのフライトになるため、中部国際空港の近くのホテルへ泊まる事にした。

 

ホテル到着と同時に生意気な寝方をするオイモ↓

 

楽しみが止まらない二人の会話

 

「いよいよ明日だなオイモよ!!!」

「おう! 楽しみだなドスケン」

 

「ついにニューヨークか。ギャングスタラップの聖地へ足を踏み入れる訳だな、この糞駄馬オイモと」

「糞駄馬って発音しにくいだろ!!」

 

「グラフィティーみたり、クラブ行ったりしたいから、かなりドープなエリアに侵入しなくてはならんな!」

「おう! ドープ! 危ないのかな?」

 

「危ないに決まってんだろ駄馬駄馬夫!」

「ジャバジャバオみたいに言うな!」

 

「もし銃を突きつけられたらどうする?」

俺はオイモに聞いた。

 

「素直に言う事聞くしかねーだろ!」

 

 

「嫌だ!! 拳銃つきつけられても、くそったれって言ってやる!」

「ブルーハーツの歌詞かよ!」

 

「でももし、本当に金よこせって言われたら、どーしようオイモ?」

「金を素直に出せよ、二度と会わない相手じゃないか」

 

「馬鹿野郎! 日本人がナメられるじゃないか!」

「おまえ、本当にマザファッカー! とか言いそうで怖いよ」

 

「いいか、最も恐ろしいのは!」

「なんだ」

 

「最も恐ろしいのは、謝って金を出したのに殺される事だ! 金とプライド両方を失う!」

「確かに、それは嫌だな」

 

「でも、なるべく死にたくない♡」

「そうならないように気をつけようぜ」

 

「おう! 平和が一番」

「俺らなら大丈夫さ! ヒップホップを愛してるからな」

 

そう言っていたオイモだが、実際は現地の人に、永遠に1ドルを盗られ続けると言う悪夢に襲われるのだ(笑)

 

むこうからしたら、俺らは、ただの猿まねイエローなのさっw

 

きゃっきゃっきゃ!!!!

 

 

 

以上、ドスケンでした(^_^)/

 

スポンサーリンク

 

 

 - お馬鹿とニューヨークと私 , , , , ,