豊橋ヘーベルハウスの展示会に行ってみた(住宅あれこれ)

      2017/09/07

 

ま! ドスケンです。

昨日なんですが、11時頃に中京テレビハウジングセンターに行ったんですよね。

で、家を見て回ろうかなと。

 

ぐるぐる回ってたんですが、3件目に入ったのがヘーベルハウス。

スポンサーリンク




 

 

ヘーベルハウスの特徴

 

まだ、そんなに回ってないんですが、明らかに他のメーカーとは担当者の勢いが違いました。

優秀な担当者でした。

また、他のメーカーと違って、かなり混んでいました。

 

 

豊橋では、二日に一軒ヘーベルハウスが建っている程人気なんだとか。

 

 

色々ヘーベルハウスの特徴を聞きながら、家をグルグルと回っていました。

 

ぐるぐるですぅー!!!

 

まず、Gショックみたいに、超強いって事が最有力ポイントだと思いました。

 

津波の時にも一軒だけ流されてなかった白い家は有名ですよね。

 

あと、周りが家事になってもヘーベルハウスの家だけ全然燃えてないとか、タフさが凄い際立ってました。

 

メリットは

●とにかく強い!

●メンテナンス費用が他のメーカーと比べてかからない。(劣化しにくいから)

●寒さにも暑さにも強いとのこと。

(実際に強いのかは住んでみないと何とも言えないですけど、体感した感じでは、熱も寒さも通しにくい感じでした)

 

デメリットとしては

 

●四角い形状の家しか造れない事と担当者が言ってました。

●少々のデメリットを自ら報告するあたり、マーケティングを分かってますねって感じでした。

 

 

ヘーベルハウスの店員は、とにかくマーケティングが上手い。

欲しくなるような説明が他のハウスメーカーとはレベルが違う。

 

 

あと個人的に気に入ったのは、四角い家なので、屋上を自由に使える点ですかね。

 

今まで家にコダワリなかったんですけど、屋上いいなって少し思いましたね。

 

日焼けできるし。

 

屋上fantasticですよ。

 

あくまで僕の考えですけど、何年経って回収できるか分からないソーラーパネルよりも、断然屋上派ですね。

 

 

 

でも、最終的に35坪くらいで見積もり出した時

 

家だけで3000万でした(笑)

 

土地合わせて4000万とか書いてあったけど、土地合わせたら4500万とか行くでしょ!!!www

 

 

僕の中で、田舎の豊橋に4500万は出せないんですよ。

4500万ってかなりデカい家って印象ありますからね。

割と豪邸の値段ですよ。僕の中では。

 

見積もり出た瞬間言いましたよ

 

「無理」

 

「ヘーベルハウスなら、30年後にも建物の価値600万ついていますので」

 

との事ですが、少子化進みまくりだし、田舎の豊橋はゴーストタウンになってる可能性もありますし(笑)

 

基本的に、今の時代の家は資産ではなく、負債として考えないとダメだと僕は思っているので、あとから売るとか考えてないんですよね。

「いやぁ。4000万なんてローン組んだら、一生強めの社畜じゃないですか(笑)」

 

「社畜(笑)でも、夫婦合わせてドスケンさんの年収のご家庭でも契約頂いてますよ!」

 

「夫婦合わせて、俺の年収!? で、4000万を!???」

*僕は別に年収高くありません。ごくごく平均的な32歳の年収です。

 

工場で危険な仕事してるのに平均的ってのが泣けてきますが。くそが!

 

 

「はい! なので大丈夫ですよ!」

 

「なにがどう大丈夫なんだよ! そんなもん、ただの自殺志願者だろうが!!!(笑)片方の会社潰れでもしたら自己破産しか残ってないやんけ ボーナス出なくなっただけでブッ飛ぶじゃないのよっ!!!!」

「は、はぁ(笑)」

 

なぜか少しお姉みたいな感じになってしまいましたが、こんな感じでした(笑)

 

 

ちょっとギャグテイストになってしまいましたが、

ヘーベルハウスの家自体は、とても良い代物かなと思いました。

 

担当者の説明も分かりやすかったし、面白かったです。

 

安ければ買っても良いですね。

 

家は欲しい気持ちはありますが、家の為に働いて生きるなんて、僕には出来ません。

自由を手に入れる為の家で不自由になるとか意味が分かりませんからね。

(無理して高い家を買った人を批判している訳ではありません。それによって仕事に、やりがいが出ているという人も居ると思うので人それぞれです。僕は仕事自体が嫌いなので、なるべく遊んで生きてやろうって人ですから(笑))

 

 

これからも色々と家を見ていきます。

 

いやー、それにしても世の中の家買ってる人ってすげぇなぁ。

ドスケンでした(^^ゞ

 

 

 

 

スポンサーリンク




 - ドスケン日記, 多分役立つ知識 , , , , ,