占いを拒否されると、数日以内に……。豊橋の手相占い

      2018/04/10

愛知県第二の都市と言われる豊橋

その豊橋には的中率が凄まじいと噂の手相占いのオジサンが居ます。

 

あなたは占って貰った事がありますか?

今回は僕が占ってもらった時の爆笑秘話を書かせて頂きます。

スポンサーリンク



豊橋駅前の手相占い

 

豊橋駅前に精分館っていう大きな本屋があるのですが、

その周辺に手相を見てくれるオジサンは居ます。

 

 

陰陽師みたいな服装をしていて、いかにもなオーラーが出ているので、

見れば直ぐに分かると思います。

 

帽子は若干高め。

修羅場をくぐってきたシェフみたいな長さです。

見たら笑いますよ。

 

 

 

お店には、「開運占い」って書かれた小さな木の看板と、椅子があるだけのシンプルな作りです。

店ってよりは、ただパイプ椅子があるだけですね。

スポンサーリンク



毎回毎回同じ場所におらず、微妙に移動しています。

時間もコレといって決まっては居ませんが、

夜中に精分館の周辺を歩いていたら見つける事が出来るといった感じです。

 

 

特に週末は出現率が高いです。

噂では、昼間は別の場所で占いをしているとか……?

 

 

 

 

豊橋手相占いの人気度

 

で、その手相占いのオッサンなんですが、

超絶に当たるって事で有名なんですよね。

 

 

金曜とか土曜の夜なんて、行列が出来てますからね。

ディズニーの人気アトラクション並みです。

 

 

また、並んでる人さえ居なければ、

時間制限とかが無くて、好きなだけ質問したり出来るんですよ。

 

サービス良い!!!

並んでても30分くらいは話せる感じでしょうか。

後ろからの視線を気にしなければ。

 

 

豊橋手相占いの値段

 

料金は、確か僕が行った時(5年くらい前)は二千円で、

もう千円追加で結婚相手の情報を教えてくれました。

 

安い値段で、親切な占いが好評の陰陽師。(に似てる人)

実際に占って貰おう

 

ゴボウって連れと、夜中に遊んでいた時の事です。

(ゴボウは20代前半一番遊んでいた親友で現在は消息不明)

 

「おいドスケン、あの手相占いのオッサンの所行ってみようぜ

「あぁ、そう言えば一回も行った事無かったな。でも今0時だぜ? 居るかな?」

 

「いるよ多分。案ずるな。行けば分かるさ」

「なに猪木みたいな事言ってんだよ」

ってな感じで行きました。

 

車にて駅前到着。

 

 

居ました。

 

 

「おい、居るぞドスケン。なんか怖いな」

「こんな深夜でも居るなんて、俺らが来る事を分かっていたかのようだ」

 

 

「そう言えば、聞いた話なんだけどよ、ゴボウ。ある人が、この手相のオッサンに占って貰おうと近づいたら、オッサンが急に店を畳んで帰ってしまったらしいぞ」

 

「え、なにそれ?」

「その手相を見て貰えなかった人は、数日後に亡くなったとか」

 

「こわっ!!!!

占う未来が無いから、占えないって事かよ? やべぇよ、怖いぜドスケン。

俺らが近づいた瞬間店じまいされたら、どうしよう。なんだよ、あのオーラーは!!!」

 

「ビビってんじゃねーよボケが」

「やめろ! 絶対念能力の使い手だ!! 俺には見える、あのマガマガしいオーラが!!」

た、確かに(笑)

しかし俺は勇敢にも近づいた。

 

店を畳まれる事はなかった。

 

席に着き、お金を払う。

大丈夫だ。きっと大丈夫。

 

手相占い開始

 

懐中電灯で手のひらを照らし、俺の手相を見ている。

 

懐中電灯で見るなんて斬新なスタイルだぜ……。

 

開口一番。

 

「君は……。こう見えて、とてもマジメな人です」

 

 

「どこがだよ!!!!」 ゴボウが突っ込む!

 

「ちょっとお前、下がってろ、邪魔すんな」

 

俺はゴボウをグイッと押して離した(笑)

 

「あなたは、お金に困る事は一生無いですし、

大きな病気や怪我になることも無いでしょう」

 

 

 

おぉ!!! なんだそのファンタスティックな予言は!!!!

無敵じゃねーか!!!

 

 

「あなたは大きな成功もありませんが、

大きな失敗もありません。波の無い人生です」

 

 

嫌だぁああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

 

 

ふざけんなぁ!!!!!!!!!!

 

大きな成功させろぉおおおおおおおおおお!!!!

 

 

「ぎゃはっはははははあはっっっっっっっは!!よう!さざ波くん!!」

 

 

ゴボウが笑いながら手を叩いている。

なんて腹の立つヤツなんだ。

 

そんなこんなで俺の番は終わった。

長生きするとも言われた。

 

そしてゴボウの番だ。

 

 

開口一番。

 

「あなたは、女難の相が出てますね」

 

ぎゃははははははははあははあはははははは!!

爆笑する俺の声が豊橋駅周辺に響き渡った。(かなり当たってる)

 

(完)

時間が許せば、こちらの記事もどうぞ。

 

 

以上ドスケンでしたー(^_-)-☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 - 超笑える馬鹿話 , , , , , , , ,