心のリセットが出来る漫画 もりやまつるの【親父】

      2017/02/28

ま! ドスケンです。

汗をかくのは健康に良いですよね。お風呂でデトックスしている方も多いと思います。

僕も最近は、半身浴しながら本を読んでます。

すごい気持ち良いです。くぅー!!

 

で、汗はかいてるんですけど、最近泣いてないって人は多いんじゃないでしょうか?

 

そんな方にお勧めの漫画を紹介します。

 

それは、もりやまつる作の親父です。

 

全3巻で、短いお話です。

 

家族ってなんだろうと言うモノを考えさせられる作品なんですね。

 

一巻の背表紙に書かれている紹介文を引用させて頂きます↓

 

でかい、怖い、むさ苦しい

三拍子揃った親父が16年ぶりに帰って来た。

不在の間に娘は暴力団員の妻となり

息子は不良の道に足を踏み入れていた。

無力な母親がただオロオロするだけの荒涼たる熊田家に

突然親父が帰ってきたのだ

 

 

まさに、この通りの話で、荒れ果てた貧しい家庭に親父が帰ってくるんですよね。

 

16年ぶりに帰ってきた親父が言った一言目が

 

「めし!」

 

ですからね、度肝を抜かれます。

 

 

1巻、2巻は、全然泣ける要素はなくて、いわいるバイオレンス系の極道映画みたいな感じになってるんですけど

 

3巻で絶対泣けます。

 

 

 

親父はなぜ16年間もの間、家を空けていたのか?

親父が家族を想う気持ちとは?

親父とお袋の出会いとは?

そして娘家族の変化、息子の変化。

 

もう何回も見てるんですけど、何回見ても泣けます。

 

このブログを書くために、今読み返していたんですが、子供が出来てから読むと、更に泣けるって事に気付きましたね。

 

 

特に、子供が寝静まった後、

親父が嫁さんに、感謝の気持ちを伝えているとき、実は子供が起きてて涙を堪えながら寝たフリをしているシーンはヤバイです。

 

涙が止まりませんね。

 

こんな僕にも人の心が残っていた様です。

 

これは僕だけじゃなくて、勧めた人全員が泣いたので間違いないです。

 

全然漫画読まない嫁ですら、3巻で泣いたと言ってました。

 

定期的にこの漫画を見ると、心が浄化されるんですよね。

 

まさに心のデトックスです。

 

イライラしている時や、うまく行ってない時、調子に乗っている時に、この漫画をみると、本当に初心に戻れると言うか。

 

そんな素敵な漫画です。

 

おまけですが、二巻に唯一面白くて笑えるシーンがあります。

 

親父唯一の笑いどころです。

 

これから見る人は楽しみにしておいて下さい。夜店のシーンに唯一の笑いどころです。
以上、ドスケンでした(^_^)/

 

 

 - 味わった作品紹介(音楽、本、映画) , , ,