うっとおしいマンション投資の勧誘電話と遊んでみた

      2017/01/30

ま!

ドスケンです。

 

今日の昼休みですね、知らない番号から電話がかかってきたんですよ。

 

東京からかかってきている模様。

飯時に、うっとおしい電話だなと思いつつも出てみたんですよ。

 

「○○と申します。お世話になります。以前資料を送らせて頂いた○○会社のものです」

 

あぁ、確か不動産投資の会社か。

資料でも見てみようと思って一括請求した会社の内の一社か。ちっ。

 

めんどくさいから切ろうと思ったけど、最近土地の本少し読んだり、YouTubeの音声で土地の話を聞いてたので、付け焼き刃の知識で話せるのか、少し試してみようかなと思った。(不動産投資する気なんて微塵も無い)

 

「あぁ、思い出しました。資料は見ましたよ」

「一度、会ってお話をさせて頂けませんか?」

突然会いたがる勧誘男!www

発情期の青年か!!!ww

 

「会う? 絶対会いたくないですよ。プライベートの時間に知らない男と会うなんて、まっぴらゴメンですからね(笑)」

「(苦笑)そうですか、何か購入を検討されてる物件とか有りますでしょうか?」

 

 

「まぁ、良い物件があればですね。なにぶん勉強中ですので」

「東京都内のワンルームマンションはどうでしょうか?」

 

ワンルームマンション? 一番買ったらダメなやつじゃないですか」←youtubeのHさんが言ってた(笑)

 

「なんでワンルームはダメなんですか?」

 

「まず、そもそも日本って人口がどんどん減少しているじゃないですか。

なので、基本的には土地や物件の価格は下がっていきますよね。

そんな中、ローン払いながら、ローンより少し多いだけの家賃をもらって稼ぐって、ローリターンすぎますよ。しかも入居者みつからずにハイリターンになる可能性も高いし、家賃の相場も下がってきそうですから」

 

よし! かなりそれっぽい事言ったぞ(笑)ぎゃはははーっ!!!

 

「あのですね、東京都内で言えば、入居者が見つからないって事は少ないですし、値段もむしろ上がってますよ」

 

「いやいや、現状、都心まで車で30分圏内ですら、空き家率は3割ってデータが出るじゃないですか」←何かで読んだ(笑)

 

「それって、マンションなんですかね?」

「知らないですよ。そっちがプロでしょうが!」

 

「は、はぁ。でも東京はまだまだ伸びますので値段の心配もないと思いますよ」

「この先伸びるんだったら、福岡じゃないですか?」←ホリエモンさんとヒロユキさんの本に書いてあった(笑)

「え? なんで福岡なんですか?」

 

「いや、韓国が近いからですよ。これからは国という概念は薄くなって、もっともっとグローバルな社会になると思うんですよね。韓国が伸びれば近くの福岡もビジネスチャンス増えて伸びる。だから福岡です」

いやっほー!!!!! 炸裂炸裂ぅ!!! うぃりいいいいいいい!!!!

 

「でも、ここ数年で福岡の土地の値段は上がってませんよ」

 

「え、あなたは、ここ数年を見て投資するんですか? これからの予想って言ってるじゃないですか」

「でもやっぱり東京ですよ。これからも東京に単身赴任の方も増えますし」

 

「単身赴任の人にアパート貸してたら、すぐに空室になるじゃないですか。それに今子供が減ってるんだから、その子供が働くようになった頃には、人数少ないので、余計パイの奪い合いになるじゃないですか。パイっておっぱいじゃないですよ」

 

「東京は価値あがりますので」

全てを無視してきた(笑)ただの東京信者か!

 

「今から凄い事言いますけど、覚悟は良いですか?」

 

「え? 何ですか?」

 

「あんた東京に住んでるんでしょ? そんなに価値あがるって言うなら、自分で買えば良いじゃないの」

 

「……。も、もちろん、所有してるものも有りますよ。ただ一人でいくつも購入できないので」

 

「絶対儲かるんだったら、借金してでも買えば良いじゃないですか、不動産会社の人が家とかマンション買わずに賃貸で暮らしてる人が多いって聞いたことありますよ。持ち家やマンション購入のリスクをよく知ってるから」

 

「私は賃貸じゃないですよ。とにかく東京は安心ですので」

何が安心なんだよ(笑)

 

「ってか、今ってネットやアマゾンの普及で、地方にいても仕事って全然出来るじゃ無いですか。そりゃ東京のが良いとは思いますけど、その差はどんどん縮まるんじゃないですか?

漫画家の岸部露伴先生も、ネットもファックスもあるし、もはや中央に住む必要は下らないステータス以外ないと言えるな、って言ってましたよ」

 

まさかジョジョのセリフまで引用できるとは(笑)

 

「岸部露伴、誰ですか?」

 

「ヘブンズドアーッ!!!!」

 

「え? ヘブン? と、とにかく良い情報あったら連絡差し上げますので」

「あ、はいはい。だが断る!!!」

 

俺は電話を切った。

(完)

 

 

*この会話での土地やマンションの話は、正しい情報ではない可能性があります。僕の付け焼き刃の知識を勢いに任せて主観で喋っただけなので、参考にしないで下さいね(笑

以上ドスケンでした。

 



 - 超笑える馬鹿話 ,