ニューヨークの夜道はデンジャラス

ま! ドスケンです。

またまたニューヨーク編の話を書いていこうと思います。

思い出した時に一気に書くと楽ですからね。

あー楽らく。

 

夜中にバーへ行った後、僕たちはホテルに帰る事にしたんですよ。

夜中は危険なので絶対に地下鉄に乗らないように、と色々な人に言われたり、ガイドブックに書いてありましたが、

僕たちは疲れていたのです。

 

 

ドスケン
歩くのは嫌だ
ドスケン
タクシーも嫌だ

 
まるで嫌々期を迎えた赤子の様になっていたのです。

 

 

「おいオイモ、疲れたな」

「あぁ、足が棒みたいだ」

 

「おまえは元々棒みたいな足だろうが」

「うるせぇ、あー疲れた疲れた疲れた」

 

「三回も言うな。普通二回まだだろ。なぁ、地下鉄で帰らないか?」

「うんって、おまえバカか! 危ないって言ってただろうが」

 

「じゃあお前は歩いて一人で帰れ! 俺は地下鉄で帰る! おまえ一人で夜道を牛歩している方が危険だと思うがな、この駄馬が!(笑)」

「なんて酷いやつなんだ!(笑)」

 

俺たちは地下鉄で帰る事にした(笑)

 

NYの地下鉄へ

 

地下鉄乗り場へ行くと、全然人が居なかった。

二、三人しか居ない。

サブウェーイ!!!!

 

これはマジで危険なんでは?

 

「やばいなオイモ。もしもの時は、頭をパカっと開いて、粘液を出してくれ」

「どんな攻撃方法だよ! サイバイマンかよ!!」

 

 

俺たちは地下鉄を待った。

オイモは頭を割る準備をしていた。

 

頭を割る機会はなく、as soon as電車が来た。

 

中にも、誰も乗っていなかった。

なんか怖い。

 

でも、何事もなく目的の駅へ到着。

 

問題は、この後起きたのだ。

 

ニューヨークの夜道

 

駅からの帰り。

夜道を歩いていると、後方から、ゆっくりと車が近づいてきたのである。

 

 

こんな感じ。

 

俺の右にオイモ。左後ろから車。

 

ヤバいと思った俺は、オイモに小さい声で

「車が後ろから、ゆっくりと来ている。右に寄れ」

 

と言ったのだ。

 

するとオイモは緊張した顔もちで

 

左に寄ってきたのだ。

 

 

こいつは、ついに左も右も分からなくなってしまったのだ。

 

終わった。

 

終わったんだよ。人類最低の行動!!!

 

「右だって言ってんだろマヌケ!!!!!!!!!!」

 

ニューヨークの真夜中、俺の大声が響き渡った。

 

 

車は、何事もなく通り過ぎて行った(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク